第一三共グループは、経営環境の変化に対してより迅速かつ機動的に対応できる経営体制を構築するとともに、法令の遵守と経営の透明性を確保し、経営と執行に対する監督機能の強化を図り、株主の皆様をはじめとするステークホルダーの信頼に応えることのできるコーポレートガバナンス体制の構築を重視しております。

社外取締役が取締役会議長を務め、任意の組織として設置した指名委員会と報酬委員会は、社外取締役のみで構成されるなど、社外からの視点を十分に採り入れたガバナンス体制を敷くことで、健全な企業経営を目指しております。
第一三共は、今後もコーポレートガバナンスの強化を通じて、持続的な企業成長による株主価値の最大化を実現してまいります。
詳細は「コーポレートガバナンス報告書」をご参照ください。
 

to Page Top