当社は、取締役の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制その他業務の適正を確保するための体制について、2017年3月31日の取締役会において、当該体制構築の基本方針を下記のとおり決議しております。

a. 当社の取締役の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制
  1. イ. 役員及び従業員の行動規範として第一三共グループ企業行動憲章、第一三共グループ個人行動規範等を定めるとともに、社外専門家を含む会議体を設置し、コンプライアンス体制を整備する。
  2. ロ. 経営に対する監督機能の強化・充実のため、社外取締役を置く。
  3. ハ. 監査役は、取締役の職務執行、意思決定の過程及び内容並びに内部統制体制の整備及び運用状況を監査する。
b. 当社の取締役の職務の執行に係る情報の保存及び管理に関する体制
  1. イ. 情報セキュリティ体制を整備し、法令及び社内諸規程に基づき、取締役会議事録その他取締役の職務執行に係る情報を適切に保存・管理する。
c. 当社の損失の危険の管理に関する規程その他の体制
  1. イ. 社内諸規程を定め、リスクマネジメント体制を整備する。
  2. ロ. 監査部は、上記体制の運営状況を監査する。
d. 当社の取締役の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制
  1. イ. 最高経営責任者(Chief Executive Officer:以下CEO)が戦略的な意思決定を行うことを目的として、社外取締役を除く取締役及びCEOの指名する主要な地域・法人・機能の責任者をもって経営会議を構成し、重要事項を審議する。また意思決定手段の一つとして決裁制度を設ける。
  2. ロ. 意思決定と職務執行の迅速性を考慮し、執行役員制度を導入する。
e. 当社の使用人の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制
  1. イ. 役員及び従業員の行動規範として第一三共グループ企業行動憲章、第一三共グループ個人行動規範等を定めるとともに、社外専門家を含む会議体を設置し、コンプライアンス体制を整備する。
  2. ロ. 「第一三共グループグローバルマネジメント規程」に従いCEOの命を受けた主要な地域・法人・機能の責任者及び「組織管理規程」に従い社長の命を受けた部所長等が主管業務を掌理し、所属員の監督、管理及び指導を行う。
  3. ハ. 人事管理及びリスクマネジメント等の体制整備に係るそれぞれの専門機能が、各部所への方針伝達と管理、指導を行う。
  4. ニ. 監査部は、法令、定款及び社内諸規程の遵守状況について、内部監査を実施する。
f. 当社及び当社子会社から成る企業集団における業務の適正を確保するための体制
  1. イ. 当社は、「第一三共グループグローバルマネジメント規程」及び「内部統制システムの整備規程」を定め、第一三共グループの経営管理体制を明確にするとともに、グループ会社に対し、経営方針等を伝達し、また、グループ会社の取締役等から経営・業績等に関する報告を受ける体制を整備する。
  2. ロ. 当社は、「第一三共グループグループ会社管理規程」を定め、グループ会社の責任と権限を明確化する。
  3. ハ. 当社は、「第一三共グループリスクマネジメント推進規程」を定め、第一三共グループのリスクマネジメント体制を整備する。
  4. ニ. 当社は、第一三共グループ個人行動規範等を定め、グループ会社に展開するとともに、第一三共グループのコンプライアンス推進体制を整備し、グループ会社に周知徹底する。
  5. ホ. 当社は、「財務報告に係る内部統制規程」を定め、適切に運用することにより、第一三共グループの財務報告の信頼性を確保する。
  6. ヘ. 当社は、「内部監査規程」を定め、グループ会社に対し、内部監査を実施する。
g. 当社の監査役がその職務を補助すべき使用人を置くことを求めた場合における当該使用人に関する体制
  1. イ. 当社の監査役の職務を補助する専任スタッフを置く。
h. 前記g.の使用人の当社の取締役からの独立性及び当社の監査役からの指示の実効性の確保に関する事項
  1. イ. 当社の監査役の専任スタッフは、取締役から独立し、監査役の指揮命令の下に職務を遂行する。
  2. ロ. 当社の監査役の専任スタッフの人事異動、人事評価等については、予め監査役会の同意を必要とする。
i. 当社及び当社子会社の取締役及び使用人が当社の監査役に報告をするための体制その他の当社の監査役への報告に関する体制
  1. イ. 当社は、当社の取締役が、当社に著しい損害を及ぼすおそれのある事実を発見したときは、直ちに、当該事実を監査役に報告する体制を整備する。
  2. ロ. 当社の監査役は、当社の役員及び従業員並びにグループ会社の役員及び従業員等から業務執行状況等の報告を受けるものとする。
  3. ハ. 当社の監査役は、経営会議その他の重要な会議に出席する。
  4. ニ. 決裁の手続や内容を検証するため、決裁書の通知先に監査役を常設する。
j. その他当社の監査役の監査が実効的に行われることを確保するための体制
  1. イ. 当社の監査役は、代表取締役と定期的に会合をもち、経営方針の確認や監査上の重要課題等についての意見交換を行う。
  2. ロ. 当社の監査役は、グループ会社の監査役等と相互に情報を交換し、緊密な連携を保つ。
  3. ハ. 当社の監査役は、外部監査人及び監査部と連携し、意見交換等を行う。
  4. ニ. 当社は、前記i.ロ.に基づき報告を行った者及び第一三共グループ個人行動規範等に基づき報告を行った者に対し、当該報告をしたことを理由に不利な取扱いを行わない。
  5. ホ. 当社は、監査役の職務の執行について生じる費用を負担する。
k. 反社会的勢力排除に向けた基本的な考え方及び体制
  1. イ. 当社は、市民社会の秩序や安全に脅威を与える反社会的勢力及び団体に対して毅然とした姿勢で臨み、反社会的勢力及び団体による経営活動への関与や被害を防止するために、第一三共グループ企業行動憲章等において、反社会的勢力及び団体とは関係遮断を徹底することを基本方針に定めるとともに、組織的体制を整備し、警察当局等と連携した情報収集や役員・従業員に対する啓発活動等により、関係の排除に取り組む。

to Page Top