環境経営の推進

地球への環境負荷が増大する中、持続可能な社会が実現されなければ、企業活動を行っていくことはできません。

特に、気候変動によるサプライチェーン寸断による生産能力の低下や、炭素税導入や再エネ設備導入コストなどの事業支出の増加などは、企業活動を行う上で大きな影響を及ぼします。第一三共グループは、すべての事業活動における環境負荷と環境リスクの低減、気候変動リスクへの対応などに取り組むことで環境経営を推進しています。

to Page Top