企業市民として

事業による社会への貢献のみならず、社会がより健全に発展するうえで抱えているさまざまな課題を認識し、課題解決に向けて自発的に取り組んでいきます。

第一三共グループでは、「第一三共グループ社会貢献活動基本ポリシー」を定め、医学・薬学の発展に寄与する取り組みを中心に、さまざまな活動を行っています。活動の推進にあたっては、社会貢献活動を「社会への投資」ととらえ、社会的諸課題から自らが焦点をあてるべき課題を特定し、自社の経営資源を活用し社会貢献活動を行います。また、社会課題解決に向け、実施手段を強化するためにNPO・NGOなどの活動の担い手との連携・協働を重視しています。 社員の自発的な社会参加を支援するために、ボランティア休暇などの環境整備やそのきっかけづくりにも取り組んでいます。

第一三共グループ社会貢献活動基本ポリシー

  • 私たちは、持続可能な社会づくりに貢献する企業として、また良き企業市民として、社会貢献活動を自主的かつ積極的に行います。
  • 特に医学・薬学の発展、社会福祉、環境保全について重点的に取り組みます。また災害復興、青少年の育成、文化・芸術の振興などにも取り組みます。
  • 社会の健全な発展の担い手として、ボランティア活動の重要性を理解し、積極的な参加・支援を行います。
  • 地域社会への貢献や交流を通じて、地域社会との共存共栄を目指します。

to Page Top