各地で発生するさまざまな自然災害やパンデミックに対して緊急支援および継続的な支援を行っています。

新型コロナウイルス感染症対策支援

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に罹患された皆様に心よりお見舞い申し上げます。皆様の早期回復と一日も早い感染の終息を心よりお祈り申し上げます。また、患者さんを救うため、困難な状況下で医療の最前線に立たれている医療関係者の皆様に心より敬意を表し、深く感謝いたします。

当社では新型コロナウイルス感染症対策の一環として、ワクチンの研究開発への貢献や医薬品の継続供給、被災救済策を実施するとともに、当社の事業活動全般においても、在宅勤務の推進など感染拡大防止施策を講じております。
当社は今後も新型コロナウイルス感染症の拡大防止に努めてまいります。詳細につきましてはこちら

東日本大震災復興支援活動

第一三共グループでは、公益財団法人オイスカが取り組む東日本大震災の長期復興支援策である宮城県名取市での海岸林再生プロジェクトの趣旨に賛同し、2012年から支援を行っており、2013年度からは社員ボランティアが植栽管理活動に参加しています。同プロジェクトは、2020年までを第一期としてクロマツ約50万本の育苗を行い、2033年まで100haの育林を行うことにより津波で失われた海岸林の再生を目指しています。
2019年度も活動回数を4回にし、全国から60名の社員が植栽管理活動に参加し活動を行いました。参加したボランティアからは「海岸林の必要性や現状がよく理解できた」、「今後も継続的に支援していきたい」、「植林した海岸林の定着が目に見えてうれしく感じる」などの感想が寄せられました。
これまでに198名の従業員が当ボランティに参加しています。 今後もクロマツを順調に成長させるためには、雑草除去、側溝掘り、間引き、間伐など、人の手を数多く要する地道な作業が長期間にわたり必要となります。第一三共グループは引き続き、経済的な支援に加え、全国から社員ボランティアを派遣し現場での作業に参加していきます。

公益財団法人オイスカ 東日本大震災復興 海岸林再生プロジェクト

水はけ改善のための溝堀

ボランティア参加者

これまでのボランティア活動参加実績

2013年度 2014年度 2015年度 2016年度 2017年度 2018年度 2019年度
6名 7名 15名 23名 24名 63名 60名

2011年4月~2012年3月の東日本大震災復興支援活動は下記をご覧ください。

社会貢献活動レポート2012より抜粋(1.73MB)

災害復興支援

第一三共グループは、令和元年台風19号により被災された方々の生活再建に役立てていただくため、義援金の拠出と、社員からの募金とそれに対するマッチングギフトを実施し、日本赤十字社および中央共同募金会へ寄付しました。その他の災害復興支援については、下記をご覧ください。

災害義援金の拠出(2011年度以降)

令和元年10月台風19号 2019年12月中央共同募金会を通じてボランティア・NPO活動サポートとして12,406千円*を寄付しました。
令和元年10月台風19号 2019年10月、日本赤十字社を通じて5,000千円を寄付しました。
令和元年台風第15号 2019年10月、日本赤十字社を通じて5,000千円を寄付しました。
令和元年8月豪雨 2019年8月、日本赤十字社を通じて500千円を寄付しました。
平成30年7月豪雨 2018年7月、日本赤十字社を通じて16,071千円*を寄付しました。
平成29年7月九州北部豪雨 2017年7月、日本赤十字社を通じて3,000千円を寄付しました。
平成28年熊本地震 2016年4月、日本赤十字社を通じて26,159千円*を寄付しました。
平成27年台風18号等大雨災害 2015年9月、日本赤十字社を通じて3,000千円を寄付しました。
2015年ネパール地震 2015年4月、日本赤十字社を通じて8,182千円*を寄付しました。
平成26年広島県大雨災害 2014年8月、広島県広島市に3,000千円を寄付しました。
2013年フィリピン台風 2013年11月、日本赤十字社を通じて5,000千円を寄付しました。
2013年インド洪水災害 2013年6月、Prime Minister's National Relief Fund(インド連邦政府の救済基金)を通じて133,456米ドルを寄付しました。
2011年タイ洪水災害 2011年10月、タイ赤十字社を通じて30,000米ドルを寄付しました。

マッチングギフトを含む

to Page Top