ページ内の移動用のリンクです

タンザニアにおける移動診療サービスの継続実施

タンザニアでは、公益財団法人プラン・インターナショナル・ジャパン(以下、プラン)と協働し、医師不足や病院へのアクセスが悪いなどの医療インフラが未整備の地域に貢献するために、NGO、現地政府、地域社会と下図の協力体制にて移動診療サービスを行っています。本プロジェクトには当社の商業上の取引との利益相反のリスクはありませんが、継続的な現地訪問や定期レポートを通じ、活動を確認しています。

・タンザニアプロジェクト実施体制

実施体制

当社は、乳幼児死亡率と妊産婦死亡率が高く、医療アクセス上の課題がある地域において、2011年から移動診療サービスを展開し、当該地域における乳幼児のワクチン接種率の向上および妊産婦健診の受診率の向上などに貢献してきました。なお、巡回医療活動で使用する移動診療車や体重計、血圧計、ワクチン運搬ケース、顕微鏡などの備品を本プロジェクトを通じて供与しています。
2016年度からは、新たな活動地域として、タンザニアのキロンベロ県を選定しました。
プロジェクトの実施にあたっては、当社のパートナーであるプランを通じて、地域の行政機関や保健当局と協力し、地域のニーズに沿った優先課題を特定して実施しています。2017年2月にはキックオフセレモニーを開催しました。SDGsの目標3、特に目標3.2の新生児および5歳未満児の死亡を削減するという目標の達成に焦点をあてた活動として、乳幼児のワクチン接種率の向上や妊産婦健診の受診率の向上などに取り組んでいます。また、これらの活動を支えるために、活動をサポートできるコミュニティ保健員の育成にも注力しています。
取り組みにあたっては、評価項目を設定し、継続的に活動の進捗をモニタリングしています。なお、これらの活動はAccess Acceleratedにおけるイニシアティブとしても取り組んでいる活動です。

巡回医療

タンザニアの巡回医療イメージ

・進捗報告(2017年2月~2018年12月)

巡回医療活動回数 1,090回
3種混合ワクチンを接種した1歳未満児 11,793人
産前健診を受けた妊婦(16週) 4,579人
意識啓発キャンペーン参加者数 16,100人
保健医療従事者トレーニング受講者数 154人

活動内容、これまでの活動報告については、下記をご覧ください。

【社外からの声】企業とのパートナーシップを通して革新的な活動を進めていきます

佐藤 活朗公益財団法人プラン・インターナショナル・ジャパン
事務局長
佐藤 活朗

第一三共と協働で取り組んでいるタンザニアでの移動診療サービスや中国での保健人材の育成は、「持続可能な開発目標(SDGs)」の目標3の達成に貢献する活動です。
昨今、活動の評価において、アウトプット、アウトカムのみならず、中長期的な視点から社会的なインパクトが求められています。タンザニアでは、私たちの活動にあわせて、コミュニティ自らが県やNGOの支援無しに妊産婦のための健診や地域住民の教育活動のための簡易施設を建設しました。これらの住民の行動の変容も、社会的なインパクトの一つとして考えています。今後も、コミュニティの人々が地域の問題に対する継続的な解決の担い手になれるよう支援していきます。

コミュニティ自らが建設した簡易施設
PLAN INTERNATIONAL

第一三共株式会社