ページ内の移動用のリンクです

  • TOP
  • > 会社概要
  • > CSR
  • > 持続的な企業価値向上に向けた事業とCSR活動

持続的な企業価値向上に向けた事業とCSR活動

第一三共グループが考える価値創造プロセスとともに事業と一体的に取り組んでいるCSR活動をご説明します。

第一三共の価値創造プロセス

第一三共は、高品質な医薬品の安定供給、アンメットメディカルニーズへの対応のみならず、医薬品アクセスの向上、その他の要請への対応など、社会からさまざまな要請を受けています。財務資本、知的資本、人的資本などのリソースを投入し、当社の強みであるサイエンス・テクノロジー、グローバル組織・人材、日本でのプレゼンスを活かし、SOCを変革する先進的医薬品の創出・提供といった事業活動により価値を創造し、その価値を社会へ提供していくことが第一三共の価値創造プロセスの根幹です。同時に、社会・環境問題をはじめとするサステナビリティ(持続可能性)を巡る課題に対して事業と一体的に取り組んでいますが、これらのCSR活動もまた、価値を創造し、その価値を社会に提供しています。このように当社は、患者さんとそのご家族・医療関係者、株主・投資家、取引先、社員、地域社会などさまざまなステークホルダーの方々に、第一三共の価値創造プロセスにより生み出した価値をバランスよく提供していきます。そして、この価値創造プロセスを循環させていくことで、持続的な企業価値の向上を図っています。

  • ※ Standard of Care の略。現在の医学では最善とされ、広く用いられている治療法

持続的な企業価値の向上

CSRマネジメント

第一三共グループ企業行動憲章を基軸として、事業と一体的に取り組んでいる第一三共グループのCSR活動をご説明します。具体的には、社会・環境問題などのサステナビリティ課題に対応するために、当社グループとして取り組むべきCSR課題を把握し、その中から重要性に基づき抽出したCSR重要課題を「マテリアリティ」として特定したうえで、さらに6つの活動分野に分類しました。
これらのCSR課題の解決に向けて、CSRマネジメント推進体制を構築し取り組んでいます。
取り組みにあたっては、多様なステークホルダーとのコミュニケーションを通じて、当社グループに対する評価を真摯に受け止め、CSR活動に反映させていきます。

  • ※ 組織が経済・環境・社会に与える影響と、組織の中長期の価値に与える影響の観点から、重要と判断したCSR課題

当社グループは、変化する多様なサステナビリティ課題への対応として、持続可能な開発目標(SDGs)の、特に目標3「あらゆる年齢のすべての人々の健康的な生活を確保し、福祉を促進する」に資する企業活動を行っています。SDGsは、世界が直面する主要課題に取り組むための2030年に向けた目標であり、国連加盟国によって合意されたものです。2030年までに達成すべき17の目標には、169のターゲットが含まれています。

持続可能な開発目標(SDGs)

当社グループの17の目標達成に向けた取り組みについては、SDGs取り組み一覧表にまとめています。

SDGs取り組み一覧表

第一三共グループのCSR活動

・企業行動憲章を基軸としたCSR活動

当社グループは、第一三共グループ企業行動憲章を基軸とし、すべての企業活動の中で、CSR活動に取り組んでいます。企業行動憲章では、企業理念実践のために、すべての企業活動において遵守すべき行動原則を定めています。各原則に基づき、法令およびルールなどを遵守し、生命関連産業としてふさわしい倫理観と社会的良識をもって行動することで、多様な社会からの要請・期待に積極的に応え、企業価値の向上を図り、社会的責任(CSR)を果たしていくことを宣言しています。

・CSR活動におけるマテリアリティの特定と活動分野の分類

CSR活動については、国連グローバル・コンパクトなどの国際的なCSRイニシアチブや製薬企業に求められる責任ある活動を踏まえ、「社会からの要請・期待」と「中長期的な事業との関係性」の観点より、CSR課題を把握したうえで、マテリアリティを特定し活動分野ごとに分類しました。

ステップ1、2

  • ※1  各企業・団体が責任ある創造的なリーダーシップを発揮することによって、社会の良き一員として行動し、持続可能な成長を実現するための世界的な枠組みづくりに参加する自発的な取り組み
  • ※2 企業に限らず組織の「社会的責任」(Social Responsibility)に関する第三者認証を目的としない国際ガイダンス規格

CSR活動分野の分類(マテリアリティ)

CSR活動分野の分類(マテリアリティ)

・CSR活動として取り組む課題

上記のCSR課題を踏まえ、第4期中期経営計画においては、CSRの6つの活動分野における目標を下記の通り設定し、取り組んでいます。

・CSR目標(第4期中期経営計画)と進捗

CSR目標(第4期中期経営計画)

・CSR6活動分野・マテリアリティとして特定した36項目と取り組み事例

CSR活動として取り組む課題

・マテリアリティへの最近の取り組み

2018年4月に、研究開発、製薬技術、製造、販売、信頼性保証など各部門の活動を、事業全体の課題として横断的に取りまとめ、事業とより一体となってグローバルヘルスに取り組むことを方針としたグローバルポリシー「医療アクセス方針」を定めました。
また、サプライチェーンにおけるCSRの推進を重要課題と捉え、調達に関する最上位ポリシーである「グローバル調達ポリシー」を2017年10月に改正し、あわせて「CSR調達基準」の改正も行いました。さらに人権・ジェンダー平等、腐敗防止、環境保全、グローバルヘルスなどの社会・環境問題をはじめとする変化する多様なサステナビリティ課題に第一三共グループとして適切に対応していきます。

CSR活動の推進体制

第一三共グループは、グローバルマネジメント体制のもとで、CSRマネジメントサイクルを構築し、事業と一体となったCSR活動を推進しています。

  1. CSR課題の抽出各種CSRイニシアチブやCSR/ESG評価機関による調査、あるいはステークホルダー・コミュニケーション等を通じて把握した期待やニーズに基づき課題を抽出し、関係する部所・グループ会社と共有する。
  2. 優先課題の選定事業戦略とステークホルダーからの要請等に基づいた取り組むべき優先課題を検討する。
  3. 優先課題への適切な対応優先すべき課題から、関係部所と連携し取り組みを推進する。
  4. ステークホルダー・コミュニケーション優先課題への対応状況の情報開示やCSR/ESG評価機関による調査などのステークホルダー・コミュニケーションを通して、自己評価を実施する。

課題対応の進捗については、経営と適宜共有し、重要な課題については経営が意思決定します。これらの活動を継続的に行い、CSR/ESG外部評価の向上につなげています。

CSRマネジメントサイクル

CSR目標(第4期中期経営計画)

CSRマネジメント推進体制の構築において、意思決定手続きを明確にすることは、ガバナンス上欠かせません。
当社グループにおけるコンプライアンス経営、環境経営、社会貢献活動に関わる事項については、関係する責任部所が事務局となり、組織横断的なメンバーで構成される各委員会(企業倫理委員会、環境経営委員会、社会貢献委員会)*が活動を推進しています。具体的に、経営が必要とするCSRに関する重要事項の意思決定にあたっては、当該事項に関係する委員会が助言、推奨し、そのうえで経営会議にて報告・審議されます。

上記の3つの委員会については、2018年4月1日現在の委員長および委員です。
CSR部は、サステナビリティ課題を把握し、「グローバルマネジメント体制」 のもとで、関係する部所・グループ会社と連携し、第一三共グループのCSR活動を支援・推進しています。

第一三共株式会社