人材採用の考え方

人材の採用にあたっては、「先進の志と情熱と誠実さをあわせ持ち、チャレンジングな課題に対し主体的に取り組むことで、世界中の人々の健康で豊かな生活に貢献する」ことを実践できる人材を獲得するべく、活動を行っています。当社を志望される方の理解をより一層深めていただくため、採用活動専用のホームページを設置し、企業概要・職務内容のみならず製薬業界全体を幅広く学んでいただける情報を公開しています

第一三共株式会社新卒採用サイト

採用選考については、新卒採用・キャリア採用ともに複数回の個人面接などを通じて、秀でた専門性や多様なスキルを確認するだけではなく丁寧に「人物」を理解することで、第一三共グループの企業理念を実践できる人材を採用できるよう取り組んでいます

採用活動

採用活動においては、以下のような学生へのキャリア教育に主眼を置いた活動にも取り組んでいます。
就職活動開始前の学生に対する就業体験機会の提供を目的として、職種毎にインターンシップを随時行っています。また、大学主催の学内キャリア指導講座での講演依頼も可能な限り積極的に受け入れ、低年次学生のキャリア教育もサポートしています。

グローバルタレントの積極的獲得

「多様性とその受容こそが、組織学習と競争優位の源泉である」ことを念頭に適材確保に向け、社内外の人脈を活用しながら積極的にリクルート活動を展開しています。現在当社では、2025年ビジョン「がんに強みを持つ先進的グローバル創薬企業」の実現に向け、各職種・領域における優秀なグローバルタレントの積極的獲得を推進しています。
採用選考にあたっては、職務経験に加えグローバル組織の牽引に必須となる要素「異文化の理解、他者とその価値観の尊重、変化・不偏への適応」などを備えていることを評価・検討するとともに、異なる地域・文化から構成される関係者のレビューも踏まえ、適材を選定しています。

人材育成の考え方

当社グループは、仕事を通じた成長を基本とし、人事異動、評価、研修など人材育成に関わるすべての人事施策を活用し、グループが求める人材を育成しています。また、自発的にチャレンジし、自律的な行動により自らを高めようとする個人を支援していきます。
職場単位でのOJT・評価のPDCAサイクルと、自己研鑽・各種研修機会を結び付けることにより、社員一人ひとりのキャリア形成の充実を図っています。

第一三共グループの人材育成方針

採用活動考え方

当社グループの評価制度では、期初に上司との目標設定面談を設け、各個人が当該年度に求められる役割や成果、行動指標を明確にすることで、社員の挑戦意欲を促しています。また期中に実施する中間レビューでは、個人の目標達成度合いや日頃の行動を確認し、社員1人ひとりの状況に応じて、上司が客観的な指導・アドバイスを行っています。こうして1年間の取り組みを通じ確定した評価結果は、フィードバック面談により、上司から直接本人に伝えられます。評価は、目標に対する結果だけではなく、そのプロセスや、組織に対する支援的取り組み、発揮行動などから総合的に判断されますので、きめ細かなフィードバックを通して、社員のモチベーション維持・向上や、更なる成長機会へと繋げています。

若手・中堅社員の育成

若手・中堅社員には、階層別研修やミドルキャリア研修を通じて、役割変化に伴う行動変容や自らの成長・キャリア形成に自律的に取り組む姿勢づくりを促進しています。また選抜した経営幹部の候補人材には、社内外の研修や適性を踏まえた異動・配置など新たな挑戦・成長機会の付与を通じて、組織のリーダーに必要となる実践的な知識・経験の獲得を図っています。

第一三共グループの教育研修体系

ラインマネジャー(組織長)の育成

ラインマネジャーには、「環境変化に自律的に対応し、継続的に高い成果を創出できる人が育つ組織づくり」を目指し、そのために必須となるマネジメントやリーダーシップを習得することを目的に、就任時からの一定期間に実践とステップアップを繰り返す研修プログラムを全員に実施しています。また、更なる研鑽を必要とするマネジャーには、ニーズに合ったマネジメントスキルのレベルアップの機会を提供し、「社員の成長」と「組織力の向上」を継続的に図っています。

社員の自己啓発

社員が主体的、自律的に能力開発に取り組めるように自己啓発支援メニュー(通信教育・社内外セミナー・インターネット語学スクール等)を提供することで、自らを高めようとチャレンジする社員を支援しています。また、社内の職務(ポジション)に求められる経験、知識、スキルを社員が閲覧できる仕組みを作り、社員の目指したいキャリアに必要な要件をキャリアディベロップメントプログラムとして可視化することで研鑽意欲を高める環境整備を進めています。

COF(Create Our Future)活動の推進

2025年ビジョン「がんに強みを持つ先進的グローバル創薬企業」を実現するため、社内人材の活躍を最大限に図ることを基本方針としたCOF(Create Our Future)プロジェクトを推進してきました。本プロジェクトは、中期経営計画の強化分野に十分かつ適時の要員配置を行うことで組織の持続的な成長に繋げることを目的としており、同分野に対し、2018年4月1日~2020年4月1日までの三年間で約800名の異動・配置を行いました。
当社グループでは、本プロジェクトを契機として、社員が自らのキャリア形成を考え会社と共に成長し続けられるよう、キャリア選択に必要な情報を社員に提供しています。具体的には、社内ポータルサイトで、グループ全部所の職務内容や必要とされる経験・スキル、職種毎のキャリアパスイメージなどを公開しています。これらの取り組みにより、社員の自立的なキャリア形成意識を醸成するとともに、1人ひとりの職務を通じた挑戦と活躍を促しています。

グループタレントマネジメント

当社グループでは、年齢や国籍を問わず能力のある人材がリーダーとして活躍することを目指しており、幅広い経験を持つ適切な人材を社内外から積極的に獲得、登用すると共に、リーダー人材の継続的な輩出のため次世代リーダー育成を中心としたグループタレントマネジメントを推進しています。

次世代リーダー育成の取り組み

経営ビジョン・中期経営計画の実現に重要となるキーポジションをグローバルレベルで特定し(2020年4月現在、計22ポジション)、後継候補人材とその育成課題を可視化することにより、更なる成長を促す機会や役割の付与、トレーニングプログラムの提供など、個々の育成課題に沿ったリーダー育成施策を推進し、人材の確保・定着に努めています。加えて、将来を担う人材が、グローバルにビジネスを理解し、知見を広めることができるよう、国際間異動や留学を積極的に実施しており、2020年4月時点ではグループ全体で105名に上ります。日本、米国、欧州、ASCA*1それぞれの地域においても、次世代リーダー育成のための仕組みを整えています。その一例として、ASCA地域では、一部の子会社のトップマネジメントにおけるサクセッションプラニングとして次世代リーダー候補者に対して、ポテンシャル人材のリーダーシップを強化・開発するための育成機会を提供しています。
こうした取り組みを確実に実行するため、当社では、日本、米国、欧州、ASCA地域の人事責任者の定期会合を開催し、人材育成に関するグローバル共通施策や、各地域での取り組みについて議論・進捗共有を行っています。

*1 Asia, South & Central Americaの略

ワークライフサイクルの推進

当社グループでは、仕事と生活の好循環により、互いに好影響を与えるという意味を込めて「ワークライフサイクル」という独自の考え方を提唱し、社員のワークライフサイクル支援に取り組んでいます。働き方の工夫により新たな時間を創出し、仕事以外の時間も充実させることで、新たな経験や視点を獲得することは、組織に多様な視点をもたらし、社員と会社の相互の成長や新たな価値を創造する基盤になると考えています。仕事とライフイベントの両立支援やキャリア支援、自己啓発支援に加え、労働組合と協働で研修を実施するなど、意識の浸透を図っています。

to Page Top