ページ内の移動用のリンクです

TaNeDS(タネデス)

  • TOP
  • > TaNeDS(タネデス)

TaNeDS

TaNeDS(タネデス)は、萌芽研究から実用化に近い段階の研究推進までを視野にいれて、研究者の皆様と共に実用化を目指す創薬プロジェクトです。私達は、創薬研究、及び創薬を促進するもしくは医薬品製造に関わる技術研究を対象として、共同研究のご提案を、日本国内の医薬系、理工系、農学系などの幅広い領域の研究者を対象に広く募集いたします。

コンセプト

第一三共グループは、「革新的医薬品を継続的に創出し、多様な医療ニーズに応える医薬品を提供することで、世界中の人々の健康で豊かな生活に貢献する」ことを企業理念としています。
この実現には、多くの研究者の叡智を必要としています。そのために私達は、多くの研究者の方々と、新たな創薬/技術研究を共同で展開するパートナーシップを築き、育てていきたいと考えています。また多様な視点や研究成果の融合を促進することにより、医療のイノベーションに貢献したいと考えています。

共同研究を通じて、創薬研究のプロフェッショナルである弊社研究員がアイデア等を提供し議論に参加し、また研究の進展に応じて弊社が研究を分担・実施することにより、技術研究や創薬研究を促進し実用化を促進していきたいと考えています。これらの点は、TaNeDSを初めとする共同研究プログラムの最大のメリットと考えています。

TaNeDSの特徴

Multi-entrance:

TaNeDS(タネデス)では、創薬を活性化・効率化する技術プラットフォームの発掘・育成を目指した研究、医薬品の品質向上と製造コスト低減につながる製薬技術の研究、創薬標的としての妥当性を検証する研究、新たな創薬・医療につながる方法論・アプローチを生み出す研究や ユニークなアイデア・ツールを用いて創薬標的・シーズを見出す萌芽的・探索的研究、 Drug Repositioningを志向した化合物供与型の研究、から応募テーマを選択でき、萌芽段階から発明コンセプトの確立段階まで、多彩な研究段階での応募が可能です。今回より先進創薬タイプを加え、以下の3タイプを設けております。

Multi-exit:

TaNeDSにおける研究期間終了後には、研究成果を効率的に実用化に結び付けて「革新的医薬品を継続的に創出し、多様な医療ニーズに応える医薬品を提供する」ために、見出された成果のValidation を目的とした研究の遂行、第一三共グループと共同での創薬研究や技術研究への展開、OiDEプロジェクトの活用など、多彩な出口を準備しています。

TaNeDSの特徴:Multi-entrance and Multi-exit

製薬会社がオープンイノベーションに取り組む理由

製薬会社の研究開発においては、その成功確率の低さから、数多くの臨床試験が必要となっています。そのため、膨大な基礎研究、前臨床研究や臨床研究の成果をすみやかに獲得し、活用することが不可欠となっています。
この状況に対応して創薬研究を進めていくためには、広範囲にわたる先進的な研究成果・技術の活用や多様な人材との協業が、これまで以上に求められています。

創薬標的の探索・検証研究を初めとする創薬研究は、様々な基礎研究成果に依存しています。また創薬研究開発の過程における課題解決には、幅広い技術・研究プラットフォームも不可欠となりますが、これらは様々な領域にまたがる学部・大学院で研究されているものです。私たちは、多様な視点を導入・融合することで、創薬研究における大きなイノベーション、さらには医薬の創出という社会貢献につなげたいと考えています。

「パートナーシップによって育つ希望」を象徴しています。
二人の人間が手をとりあっているようにも見える双葉は、参加研究者と第一三共グループが協力し、共に希望のタネを育てていくという意思と未来を表現しています。