ページ内の移動用のリンクです

  • TOP
  • > 会社概要
  • > CSR
  • > 持続的な企業価値向上に向けた事業とCSR活動

持続的な企業価値向上に向けた事業とCSR活動

第一三共グループが考える持続的な企業価値向上と事業とCSR活動を一体的に運営する企業活動全般をご説明します。

持続的な企業価値の向上

製薬企業は、医薬品の創出を通じて世界中の多様な医療ニーズに応え、患者さんのお役に立つことが存在意義であり、私たちの事業の中核です。創出した社会的に価値のある医薬品を提供し、その価値に見合った経済的報酬をいただきます。それによって得た経済的な価値を株主の皆さまをはじめとするさまざまなステークホルダーに適切に還元するとともに、新たな医薬品創出のための投資へとつなげていきます。この事業活動による経済的価値の循環を持続的に成長させていくことが、製薬企業における企業価値を創造し、持続的に向上させていく根幹です。
そして、社会・環境問題をはじめとするサステナビリティ(持続可能性)を巡る課題の中から、当社グループとして重要な課題を明確にし、CSR に関する6つの活動分野に分類し取り組んでいます。CSR活動については、国連グローバル・コンパクト※1、ISO26000※2、持続可能な開発目標(SDGs)※3 などの国際的なCSRイニシアチブやステークホルダーから求められる責任ある活動を踏まえ、持続的な社会の実現のために、社会からの要請・期待と中長期的な事業との関係性の観点より整理しています。CSR活動に取り組むことは、社会・環境価値を創造するとともに、リスク管理の観点からは、企業価値の毀損を回避することにもつながると考えます。
当社グループは、事業とCSR活動を不可分のものと考え、一体的に運営し、持続的な企業価値の向上を図っていきます。

SDGsの17の目標達成に向けた当社グループの取り組みについては、SDGs取り組み一覧表にまとめています。

  • ※1 各企業・団体が責任ある創造的なリーダーシップを発揮することによって、社会の良き一員として行動し、持続可能な成長を実現するための世界的な枠組みづくりに参加する自発的な取り組み
  • ※2 企業に限らず組織の「社会的責任」(Social Responsibility)に関する第三者認証を目的としない国際ガイダンス規格
  • ※3 グローバルに取り組むべき課題として、国連加盟国が採択した持続可能な開発目標

持続的な企業価値の向上

CSRマネジメント

第一三共グループのCSR活動は、第一三共グループ企業行動憲章を基軸とし、事業と一体的に取り組んでいます。具体的には、社会・環境問題などのサステナビリティ課題に対応するために、当社グループとして取り組むべきCSR課題を明確にし、6つの活動分野に分類しました。活動にあたっては、組織横断的なメンバーで構成される委員会を設置するなど推進体制を整備しています。また、多様なステークホルダーとのコミュニケーションを通じて、当社グループに対する評価を真摯に受け止め、CSR活動に反映させていきます。

第一三共グループのCSR活動

・企業行動憲章を基軸としたCSR活動

当社グループは、第一三共グループ企業行動憲章を基軸とし、すべての企業活動の中で、CSR活動に取り組んでいます。企業行動憲章では、企業理念実践のために、すべての企業活動において遵守すべき行動原則を定めています。各原則に基づき、法令およびルールなどを遵守し、生命関連産業としてふさわしい倫理観と社会的良識をもって行動することで、多様な社会からの要請・期待に積極的に応え、企業価値の向上を図り、社会的責任(CSR)を果たしていくことを宣言しています。

・変化する多様なサステナビリティ課題に対応するCSR活動

人権・ジェンダー平等、腐敗防止、環境保全、グローバルヘルスなどの社会・環境問題をはじめとするサステナビリティ課題に適切に対応していくために、中長期的な事業との関係性を踏まえ、当社グループとして取り組むべきCSR課題を明確にし、6つの活動分野に分類して(下記ステップ1、2参照)取り組んでいます。

ステップ1、2

・CSR活動分野の集約

CSR活動については、国連グローバル・コンパクトなどの国際的なCSRイニシアチブや製薬企業に求められる責任ある活動を踏まえ、「社会からの要請・期待」と「中長期的な事業との関係性」の観点より、六つのCSR活動分野に分類しています。ステップ1、ステップ2により、以下のとおりCSR課題を6つの活動分野に分類しました。

CSR活動分野の分類(マテリアリティ)

CSR活動分野の分類(マテリアリティ)

・CSR活動として取り組む課題

CSR活動として取り組む課題

上記のCSR課題を踏まえ、第4期中期経営計画においては、CSRの5つの活動分野における目標を下記の通り設定しました。

・CSR目標(第4期中期経営計画)

CSR目標(第4期中期経営計画)

CSR活動の推進

コンプライアンス経営、環境経営、社会貢献活動にかかわる事項については、関係する責任部所が事務局となり、組織横断的なメンバーで構成される各委員会(企業倫理委員会、環境経営委員会、社会貢献委員会)が活動を推進しています。また、CSRに関する重要事項は、経営会議にて報告および審議されます。

CSR部は、サステナビリティ課題を把握し、グローバルマネジメント体制のもとで、関係する部所・グループ会社と連携し、第一三共グループのCSR活動を支援・推進しています。

CSR/ESG外部評価とCSRコミュニケーション

・CSR/ESG外部評価によるSRI(社会的責任投資)インデックスなどへの選定状況

当社グループの持続的な企業価値向上を目指し、事業とサステナビリティ課題に適切に対応するCSR活動を一体的に運営する取り組みが評価され、SRIインデックスである「Dow Jones Sustainability Indices」「RobecoSAM社 Sustainability Award Industry Mover」「FTSE4Good Global Index」「モーニングスター社会的責任投資株価指数」「SNAMサステナビリィ・インデックス」に選定されています。
各インデックスなどの概要および当社の状況は以下の通りです(2016年12月15日現在)。

Dow Jones Indices社のロゴ

米国のS&P Dow Jones Indices社とスイスのRobecoSAM社が、経済・環境・社会の3分野より企業の持続可能性(Sustainability)を評価しているSRI指標であり、投資家の重要な投資選択基準の一つとなっています。当社は、アジア・太平洋版「DJSI Asia Pacific」に7年連続で選定されています。

FTSE4Goodのロゴ

ロンドン証券取引所の100%子会社であるFTSE Rusell社が、環境・社会・ガバナンスのESG側面より、企業の社会的責任に対する取り組みを評価しているSRI指標であり、投資家の重要な投資選択基準の一つとなっています。当社は、FTSE4Good Global Indexの構成銘柄に8年連続で選定されています。

RobecoSAMのロゴ

スイスのRobecoSAM社が、経済・環境・社会の3分野における取り組みや情報開示等で優れた企業を発表した「The SustainabilityYearbook 2016」において、世界の主要製薬企業55社の上位15%以内のスコアで昨年から最もスコアが向上した企業として、当社は「Industry Mover」に選定されました。

MS-SRIのロゴ

モーニングスター株式会社が日本国内の上場企業のうち、企業統治・環境・社会性・人材活用の観点から優れていると評価する150社を選定。当社は8年連続で選定されています。

sjnk-amのロゴ

損保ジャパン日本興亜アセットマネジメント(SNAM)が運用する「SNAMサステナビリィ・インデックス」は、 ESG評価(環境、社会、ガバナンス)の高い企業に幅広く投資を行う年金基金・機関投資家向けのSRIファンドです。当社は「SNAMサステナビリィ・インデックス」の構成銘柄に選定されています。

・CSRコミュニケーション

CSRイニシアチブの策定機関、社会的責任投資の調査機関、CSR/ESGを重要視する機関投資家、CSRに関する有識者などとのコミュニケーションを実施しています。当社グループのCSR活動(CSR課題および取り組み事例を参照)を紹介するとともに、さまざまなステークホルダーからの時代とともに変化する要請・期待項目を把握し、CSR活動に反映していきます。

・CSR課題および取り組み事例

CSR課題および取り組み事例

事業とCSR活動の一体的な運営

6つの活動分野に分類したCSR活動を事業と一体的に運営しています。

事業とCSR活動の一体的な運営

第一三共株式会社