2021年02月26日
サステナビリティTopicsNew
第一三共株式会社(本社:東京都中央区、以下「当社」)は、当社グループの企業年金の運用を担う第一三共グループ企業年金基金(以下「基金」)が、「責任ある機関投資家」の諸原則《日本版スチュワードシップ・コード》の趣旨に賛同し、2021年2月26日にこれを受け入れることを表明しましたので、お知らせします。

基金は、「日本版スチュワードシップ・コードへの取組方針(※)」を定め、アセットオーナー(資産保有者としての機関投資家)として、運用受託機関に対して、責任ある機関投資家として投資先企業の持続的成長を促し、スチュワードシップ責任を果たすことを求めてまいります。

本コードにおいて、スチュワードシップ責任とは、機関投資家が、投資先企業やその事業環境等に関する深い理解のほか運用戦略に応じたサステナビリティ(ESG要素を含む中長期的な持続可能性)の考慮に基づく建設的な「目的を持った対話」(エンゲージメント)などを通じて、当該企業の企業価値の向上や持続的成長を促すことにより、受益者の中長期的な投資リターンの拡大を図る責任を意味しています。

第一三共グループは、パーパス(存在意義)「世界中の人々の健康で豊かな生活に貢献する」の実現に向け、革新的医薬品を継続的に創出し、アンメットメディカルニーズを満たしていくことに加え、社会・環境などの社会課題にも取組むサステナビリティ活動を推進することで持続的な企業価値向上を目指しています。環境を始めとする社会課題の解決や持続可能な社会の実現において、企業の果たす役割は大きく、基金の表明による責任ある機関投資家としての行動が、企業のESGへの取組みを促し、より良い社会づくりへの貢献を果たすことを期待しています。

※ご参考 
第一三共グループ企業年金基金「日本版スチュワードシップ・コードへの取組方針」

to Page Top