環境(Environment)

環境経営の推進

     
分野 項目 内訳 対象範囲*1 単位 2020年度 2021年度 2022年度
CO2 CO2排出量 営業車両 国内 t-CO2 4,337 4,636 4,696
グローバル t-CO2 12,051 13,513 14,713
オフィス 国内 t-CO2 4,972 4,970 2,562
グローバル t-CO2 8,773 7,847 4,832
工場・研究所 国内 t-CO2 121,263 134,168 59,540
グローバル t-CO2 162,041 170,039 90,189
合計 国内 t-CO2 130,572 143,774
チェックマーク(KPMGあずさサステナビリティ株式会社保証)66,798
グローバル t-CO2 182,865 191,399
チェックマーク(KPMGあずさサステナビリティ株式会社保証)109,735
GHGプロトコル区分によるCO2排出量 スコープ1*2 国内 t-CO2 69,103 68,736
チェックマーク(KPMGあずさサステナビリティ株式会社保証)64,388
グローバル t-CO2 86,785 88,249
チェックマーク(KPMGあずさサステナビリティ株式会社保証)86,006
スコープ2*2 国内 t-CO2 61,468 75,038
チェックマーク(KPMGあずさサステナビリティ株式会社保証)2,409
グローバル t-CO2 96,080 103,150
チェックマーク(KPMGあずさサステナビリティ株式会社保証)23,729
スコープ3 グローバル*27 t-CO2 759,592 679,444 2,122,492
スコープ3
カテゴリー1
グローバル*27 t-CO2 609,954 513,874
チェックマーク(KPMGあずさサステナビリティ株式会社保証)1,809,230
エネルギー*3 エネルギー使用量の内訳(国内) 電力 国内 MWh 152,990 159,350 5,272
都市ガス 国内 MWh 304,683 320,327 310,347
その他(LPG、LNG、重油、灯油、軽油、ガソリン) 国内 MWh 19,365 20,062 22,181
再生可能電力*4 国内 MWh 917 3,989 163,072
その他の再生可能エネルギー*4 国内 MWh 0 0 0
合計
国内 MWh 477,955 503,727
チェックマーク(KPMGあずさサステナビリティ株式会社保証)500,873
エネルギー使用量の内訳(グローバル) 電力 グローバル MWh 201,611 208,383 50,609
都市ガス グローバル MWh 362,872 379,523 370,381
その他(LPG、LNG、重油、灯油、軽油、ガソリン) グローバル MWh 54,691 62,578 67,221
再生可能電力*4 グローバル MWh 16,505 21,596 179,962
その他の再生可能エネルギー*4 グローバル MWh 6,296 6,811 12,550
合計 グローバル MWh 641,975 678,890
チェックマーク(KPMGあずさサステナビリティ株式会社保証)680,723
再生可能電力使用率*4 グローバル % 7.5 9.4
チェックマーク(KPMGあずさサステナビリティ株式会社保証)78.1
水資源 水使用量 国内
(工場および研究所)
千m3 7,926 7,979
チェックマーク(KPMGあずさサステナビリティ株式会社保証)7,860
グローバル
(工場および研究所)
千m3 8,395 8,486
チェックマーク(KPMGあずさサステナビリティ株式会社保証)8,261
排水量 国内
(工場および研究所)
千m3 7,789 8,002
チェックマーク(KPMGあずさサステナビリティ株式会社保証)7,704
グローバル
(工場および研究所)
千m3 8,113 8,464
チェックマーク(KPMGあずさサステナビリティ株式会社保証)8,090
実質水使用量*5 グローバル
(工場および研究所)
千m3 282 22 171
水質 COD*6 国内
(公共用水域に排する工場および研究所)
t 11 13
チェックマーク(KPMGあずさサステナビリティ株式会社保証)12
グローバル
(公共用水域に排する工場および研究所)
t 16 17
チェックマーク(KPMGあずさサステナビリティ株式会社保証)14
廃棄物 廃棄物等総発生量 国内 t 17,362 12,598 13,406
グローバル t 19,319 14,428 13,509
産業廃棄物等排出量
(外部委託処理分)*28
国内
(工場および研究所)
t 9,979 8,168
チェックマーク(KPMGあずさサステナビリティ株式会社保証)10,346
グローバル
(工場および研究所)
t 11,936 9,998
チェックマーク(KPMGあずさサステナビリティ株式会社保証)12,189
再資源化量 国内 t 5,024 5,066 1,660
グローバル t 6,208 6,249 2,879
再資源化率 国内 % 50 62 16
最終処分量 国内 t 113 72 466
グローバル t 734 693 1,168
最終処分率 国内 % 0.65 0.57 3.48
廃プラスチックリサイクル率*7 グローバル
(工場および研究所)
%
59.3
チェックマーク(KPMGあずさサステナビリティ株式会社保証)69.3
有害廃棄物排出量*7*28 国内
(工場および研究所)
t
3,952
チェックマーク(KPMGあずさサステナビリティ株式会社保証)6,880
グローバル
(工場および研究所)
t
4,350
チェックマーク(KPMGあずさサステナビリティ株式会社保証)7,194
大気 SOx排出量 グローバル t 1.5 1.0 2.3
NOx排出量 グローバル t 49 51 53
PRTR対象物質 取扱量 国内 t 2,064 2,063 2,074
排出量(大気) 国内 t 3 3 1
排出量(水域) 国内 t 0 0 0
移動量(下水道) 国内 t 0 0 0
移動量(廃棄物) 国内 t 1,862 1,861 2,072
容器包装 容器・包装回収・リサイクル 再商品化義務量 国内 t 1,365 1,609 2,906
マネジメント ISO14001の取得(取得拠点数) 国内 拠点 5 5 5
グローバル 拠点 10 10 9
生物多様性 エコロジカル・フットプリント 国内 gha 437,589 402,857 874,422

社会(Social)

社員と会社の相互の成長

分野 項目 内訳 対象範囲*1 単位 2020年度 2021年度 2022年度
社員 地域別従業員数*12 日本 国内 8,979 9,135
チェックマーク(KPMGあずさサステナビリティ株式会社保証)9,263
海外合計 海外 7,054 7,323
チェックマーク(KPMGあずさサステナビリティ株式会社保証)8,172
アジア 海外 1,854 1,821 1,958
中南米 海外 461 517 598
米国 海外 2,602 2,706 3,062
欧州 海外 2,137 2,279 2,554
合計 グローバル 16,033 16,458
チェックマーク(KPMGあずさサステナビリティ株式会社保証)17,435*26
社員の状況*12 社員数(女性) 国内 2,296 2,382
チェックマーク(KPMGあずさサステナビリティ株式会社保証)2,471
% 25.6 26.1
チェックマーク(KPMGあずさサステナビリティ株式会社保証)26.7
海外 3,644 3,819
チェックマーク(KPMGあずさサステナビリティ株式会社保証)4,469
% 51.7 52.2
チェックマーク(KPMGあずさサステナビリティ株式会社保証)54.7
グローバル 5,940 6,201
チェックマーク(KPMGあずさサステナビリティ株式会社保証)6,940
% 37.0 37.7
チェックマーク(KPMGあずさサステナビリティ株式会社保証)39.8
社員数(男性) 国内 6,683 6,753
チェックマーク(KPMGあずさサステナビリティ株式会社保証)6,792
海外 3,410 3,504
チェックマーク(KPMGあずさサステナビリティ株式会社保証)3,701
グローバル 10,093 10,257
チェックマーク(KPMGあずさサステナビリティ株式会社保証)10,493
派遣社員 国内 612 605 656
海外 0 0 0
平均勤続年数 国内 19.4 19.6 19.7
国内(男性) 20.9 21.1 21.4
国内(女性) 15.1 15.4 15.2
海外 6.4 5.7 5.8
海外(男性) 6.4 5.6 5.9
海外(女性) 6.5 5.8 5.7
グローバル 13.7 13.5 13.1
グローバル(男性) 16.0 15.8 16
グローバル(女性) 9.8 9.5 8.7
幹部社員(女性) 国内 235 248
チェックマーク(KPMGあずさサステナビリティ株式会社保証)267
% 7.9 8.4
チェックマーク(KPMGあずさサステナビリティ株式会社保証)9.1
海外 1,258 1,357
チェックマーク(KPMGあずさサステナビリティ株式会社保証)1,755
% 49 49
チェックマーク(KPMGあずさサステナビリティ株式会社保証)53
グローバル 1,493 1,605
チェックマーク(KPMGあずさサステナビリティ株式会社保証)2,022
% 26.9 28.1
チェックマーク(KPMGあずさサステナビリティ株式会社保証)32.4
幹部社員(男性) 国内 2,732 2,695 2,656
海外 1,325 1,417 1,560
グローバル 4,057 4,112 4,216
幹部社員(合計) 国内 2,967 2,943 2,923
海外 2,583 2,774 3,315
グローバル 5,550 5,717 6,238*26
女性マネジメント職*13 第一三共株式会社 % 7.3 8.1 9.4
新任女性幹部社員の割合 国内 % 15.8 20.3 18.4
女性上級幹部社員*14 国内 3.7 4.4 5.6
グローバル 16.3*15 17.9 19.2
新卒新入社員 国内(男性) 107 99 103
国内(女性) 105 100 84
国内(合計) 212
(単体143)
199
(単体103)
187
(単体91)
キャリア採用社員 国内(男性) 80 67 95
国内(女性) 35 36 51
国内(合計) 115
(単体68)
103
(単体52)
146
(単体96)
中途採用比率*16 国内(合計) % 35
(単体32)
34
(単体34)
44
(単体51)
新入社員合計 国内(男性) 187 166 198
国内(女性) 140 136 135
国内(合計) 372
(単体211)
302
(単体155)
333
海外(男性) 590 603 785
海外(女性) 609 706 1,045
海外(合計) 1,199 1,309 1,831
グローバル(男性) 777 769 983
グローバル(女性) 749 842 1,180
グローバル(合計) 1,526 1,611 2,164*26
障がい者雇用率 国内 % 2.34 2.35
チェックマーク(KPMGあずさサステナビリティ株式会社保証)2.44
海外 % 2.60 2.53 2.65
人材育成 全社表彰受賞者*17 国内 62 68 51
階層別研修時間(のべ) 国内 時間 20,868 30,456 28,418
自己啓発(手あげ制)
研修時間(のべ)
国内 時間 2,846 9,592 20,728
社員一人当たりの教育投資額 グローバル 96,186 121,065 145,734
総離職率*7 国内 % 1.2 1.8 1.9
グローバル(男性) %

4.8
グローバル(女性) %

7.2
グローバル % 5.4 7.4 5.7
離職率(自己都合)*7 国内 % 0.8 1.2 1.4
グローバル(男性) %

3.2
グローバル(女性) %

4.9
グローバル % 4.1 5.2 3.9
企業風土・職場環境に関するエンゲージメントサーベイの肯定的回答率 グローバル - 75 77
育成・成長機会に関するエンゲージメントサーベイの肯定的回答率 グローバル - 68 75
入社3年目の定着率 国内(男性) % 93.4 96.4% 97.4%
国内(女性) % 93.5 90.4% 93.9%
国内(全体) % 93.5 93.5% 95.8%
育児休業取得者 育児休業取得者(男性) 国内 70 81 103
育児休業取得者(女性) 国内 122 78 84
育児休業後の復職率*18(男性) 国内 % 100 100 100
育児休業後の復職率*18(女性) 国内 % 100 100 100
育児休業後の定着率*19(男性) 国内 % 100 95 99
育児休業後の定着率*19(女性) 国内 % 100 100 100
育児休業取得者(男性) 海外 96 70 134
育児休業取得者(女性) 海外 98 65 106
看護休暇取得者 看護休暇取得者(男性) 国内 190 215 252
看護休暇取得者(女性) 国内 217 237 267
介護休業取得者 介護休業取得者(男性) 国内 0 1 0
介護休業取得者(女性) 国内 3 1 1
介護休暇取得者 介護休暇取得者(男性) 国内 105 117 154
介護休暇取得者(女性) 国内 70 73 104
労働安全衛生 有給休暇取得率 国内 % 78.0 78.6 84.9
年間総実労働時間 国内 時間 1,814 1,900 1,880
度数率*20 国内 - 0.12 0.17
チェックマーク(KPMGあずさサステナビリティ株式会社保証)0.17
海外*21 - 2.09 2.31
チェックマーク(KPMGあずさサステナビリティ株式会社保証)2.03
グローバル*21 - 1.01 1.11
チェックマーク(KPMGあずさサステナビリティ株式会社保証)1.05
業務上死亡者数 グローバル 0 0
チェックマーク(KPMGあずさサステナビリティ株式会社保証)0
強度率*22 国内 - 0.0001 0.0005 0.0008
海外 - 0.0400 0.0232 0.0383
グローバル - 0.0160 0.0105 0.0184
労働組合 団体交渉権保有率 国内 % 100 100 100
グローバル % 82 88 89
持株会 加入対象者 国内 9,017 9,158 9,301
加入者 国内 5,075 5,257 5,387
加入率 国内 % 56.3 57.4 57.9

コミュニケーションの強化

分野 項目 内訳 対象範囲*1 単位 2020年度 2021年度 2022年度
患者さん・医療関係者 アンケート評価 MR総合評価(全回答医師) 国内 順位 1位 1位 1位*23
MR総合評価(病院医師) 国内 順位 1位 1位 1位*23
MR総合評価(開業医師) 国内 順位 1位 1位 1位*23
当社製品情報センターへの社外からの問合せ件数(医療用医薬品) 国内 70,000 70,000 60,000
治験に関する社外からの問合わせ件数 国内 218 365 189
社会 政治献金・ロビー活動費 総額 グローバル 百万円 23.6 12.8 14.1
社会 業界団体参加費 総額 グローバル 百万円 594.0 636.9 648.1

医療アクセスの拡大

分野 項目 内訳 対象範囲*1 単位 2020年度 2021年度 2022年度
社会 乳がん・子宮頸がんスクリーニング受診者数 累計(1月ー3月) ネパール 186 1,091 1,006
乳がん・子宮頸がん意識啓発イベント参加者数 累計(1月ー3月) ジンバブエ - 3,651 13,384
GHIT Fund*24での研究開発プロジェクト数 累計(1月ー12月) - 6 4 4

社会貢献活動

分野 項目 内訳 対象範囲*1 単位 2020年度 2021年度 2022年度
社会 寄付金 国内 百万円 1,464 1,356 1,423
研究所・工場見学者 国内 4 32 301
くすりミュージアム来館者数*25 単体 1,261 2,036 5,494
社員 ボランティア休暇取得者 国内 0 7 0
ボランティア活動休職取得者 国内 0 0 0
骨髄移植ドナー休暇取得者 国内 0 2 1

ガバナンス(Governance)

分野 項目 内訳 対象範囲*1 単位 2020年度 2021年度 2022年度
ガバナンス 取締役会の構成 取締役 単体 9 9 9
うち社外取締役 単体 4 4 4
うち女性取締役 単体 1 1 1
監査役会の構成 監査役 単体 5 5 5
うち社外監査役 単体 3 3 3
うち女性社外監査役 単体 2 2 2
取締役報酬 取締役合計 単体 百万円 547 959 1,092
監査役報酬 監査役合計 単体 百万円 120 154 154
役員研修 国内 5 7 13
報酬委員会の構成 独立役員比率 単体 % 100 100 100
指名委員会の構成 独立役員比率 単体 % 100 100 100
取締役会開催回数 単体 14 17 13
取締役会出席率(取締役) 単体 % 99 100 100
取締役会出席率(監査役) 単体 % 100 100.0 100.0
監査役会開催回数 単体 13 15 13
監査役会出席率 単体 % 100 100 100
指名委員会開催回数 単体 7 10 11
指名委員会出席率 単体 % 100 100 100
報酬委員会開催回数 単体 9 11 11
報酬委員会出席率 単体 % 100.0 100.0 100.0

コンプライアンス経営の推進

分野 項目 内訳 対象範囲*1 単位 2020年度 2021年度 2022年度
コンプライアンス コンプライアンス研修実績 合計 国内 615 549 599
新入社員研修 国内 213 199 187
新任幹部社員研修 国内 158 129 148
新任マネジメント職研修 国内 108 83 102
新任部所長研修 国内 21 17 16
キャリア入社者研修 国内 115 121 146
個人行動規範研修実績 e-ラーニング・集合研修等受講者 国内 9,167 9,412 9,454
海外 4,813 約4,270 2,370
(国内)コンプライアンス意識調査*7 回答率 国内 % 95.9 - -
企業風土に関する社員調査*7 肯定的回答率 グローバル % - 84 -
コンプライアンス関連通報 受付数 グローバル 件数 185 157 207
情報セキュリティ研修 e-ラーニング受講率 国内 % 98.8 97.6 94.8
企業ブランドに関する研修*8 e-ラーニング受講率 国内 % 99.1 - -
ソーシャルメディアに関する研修*8 e-ラーニング受講率 国内 % - - -
GVP*9研修 GVP関係者研修受講率 単体 % 100 100 100
全社員(関係者以外)研修受講者 単体 5,849 5,873 5,909
GQP*10研修 GQP関係者研修受講率 単体 % 100 100 100
開発関連研修(GCP含む) Eラーニング・集合研修延べ回数 単体 141 127 79
MR認定試験新入社員受験者合格率 合格率 国内 % 100 100 100
リコール数(クラスI*11相当) 発生件数 グローバル 件数 0 0 0
  • チェックマーク(KPMGあずさサステナビリティ株式会社保証)このマークがついた情報は、KPMGあずさサステナビリティ株式会社の保証を受けました。
  • *1 国内は単体と国内連結子会社、海外は海外連結子会社、グローバルは単体および全連結子会社
  • *2 Scope 1:国内は地球温暖化対策推進法で定める係数を使用。再生可能エネルギーの利用、廃棄物焼却に伴うCO2排出量を含む。海外は原則として各国法規等の固有の係数を使用し、固有の係数を把握できない場合は、地球温暖化対策推進法で定める係数を使用。
  • Scope 2:原則として契約電力や各国法規等の固有の係数を使用し、固有の係数を把握できない場合は、国際エネルギー機関(IEA)で公表されている国別係数の最新値(2019年)を使用。再生可能エネルギーを含む
  • *3 電力および燃料のエネルギー使用量算定にあたっては、エネルギーの使用の合理化に関する法律で定める単位発熱量を使用。
  • *4
  • 2020年度から再生可能エネルギー由来と非再生可能エネルギー由来を分けて掲載
  • *5 取水量-排水量
  • *6 国内4拠点(館林サイト、小名浜サイト、小田原サイト、北本サイト)のCOD汚濁負荷量は過マンガン酸カリウムを酸化剤として用いて測定。グローバルのCOD汚濁負荷量は、前述の国内のCOD汚濁負荷量に、比色定量法により測定された海外におけるCOD汚濁負荷量を加算。
  • *72021年度から掲載
  • *82018年度は実績なし
  • *9 Good Vigilance Practiceの略。医薬品、医薬部外品、化粧品及び医療機器の製造販売後安全管理の基準
  • *10 Good Quality Practiceの略。医薬品、医薬部外品、化粧品及び医療機器の品質管理の基準に関する省令
  • *11その製品の使用等が、重篤な健康被害又は死亡の原因となりうる状況
  • *12グループ各社の決算期末日時点(2022年度は、2023年3月31日時点)の就業人員数。平均勤続年数は翌年度の4月1日時点
  • *13 管轄組織の責任者として、業績や人材の管理に対して責任を負う本部長・部長・グループ長の役職にある女性社員
  • *14 部所長あるいはそれと同等以上の役職にある女性社員
  • *15 2020年度よりグループ会社における上級幹部社員の定義を変更
  • *16 労働施策総合推進法に基づく正規雇用労働者の中途採用比率。公表日:2021年10月1日。2019年度は、国内合弁会社解散に伴う入社者も含む
  • *17 功績表彰、風土醸成表彰の合計人数
  • *18(育児休業後、復職した従業員の総数/育児休暇後、復職する予定だった従業員の年度中の総数)×100
  • *19(育児休業復職した後、12ヶ月が経過しても在籍している従業員の総数/前年度期間中、育児休暇から復職した従業員の総数)×100
  • *20 労災による死傷者数÷延べ実労働時間数×1,000,000 労災による死傷者数は休業1日以上の人数をカウント。国内連結子会社は、派遣社員、請負業者、委託業者は集計対象に含めない。海外連結子会社は請負業者、委託業者は集計対象に含める。(2020年度~2022年度)
  • *21 海外総労働時間の修正により、2018年度~2020年度の海外・グローバル度数率を修正
  • *22 労災による延べ労働損失日数/延べ実労働時間数×1,000
  • *23インテージヘルスケア(Rep-i)、調査月:2023年2月
  • *24 Global Health Innovative Technology Fund の略。
  • *25 2020年度からは新型コロナウィルス感染症の拡大防止対策として、1日3組、1組最大10名までの完全予約制で開館。2022年1月から1日6組に増枠。
  • *26 本人の希望によるnon-binaryの数字を含む。
  • *27 2020年度、2021年度は第一三共株式会社及び第一三共ヘルスケア株式会社
  • *28 2022年度は第一三共ケミカルファーマ小田原工場で実施した土壌浄化に伴い一時的に発生した廃棄物を含む

ESG情報の開示にあたっては、以下のガイドラインを参照しています。

  • 国際統合報告評議会(IIRC)「国際統合報告フレームワーク」
  • ISO26000(社会的責任に対する手引)
  • 環境省「環境報告ガイドライン2018年版」
  • 国連グローバル・コンパクト(GC)の10原則などの国際的な規範

to Page Top