グローバルヘルス技術振興基金「GHIT Fund」への参画とパートナーシップの活用

当社は、これまでに蓄積された科学的知見およびグローバルなネットワークを最大限活かすためにパートナーシップによる創薬を推進しています。当社単独では達成困難な取り組みも、パートナーシップにより相乗効果を引き出すことが可能となります。これは国連加盟国が採択した持続可能な開発目標(SDGs)の目標17「パートナーシップで目標を達成しよう」に資する活動です。 当社は、開発途上国における感染症を征圧するための創薬促進に向け、2013年4月に日本国政府、製薬企業5社、ビル&メリンダ・ゲイツ財団による日本発の官民連携パートナーシップとして設立された公益社団法人グローバルヘルス技術振興基金(Global Health Innovative Technology Fund、以下「GHIT Fund」)に設立時から資金拠出し、2018年4月からの第二期においても引き続き資金拠出しています。GHIT Fundは投資活動を通じて多くの革新的な製品開発を飛躍的に前進させています。
当社グループにおいてもGHIT Fundの仕組みによるパートナーシップを活用し、顧みられない熱帯病(NTDs *1)の1つとして知られるシャーガス病治療薬の臨床候補化合物の探索や、天然物による結核治療薬の探索など複数のプロジェクトに取り組んでいます。これまで培ってきた創薬力、パートナーの疾病に関する高い専門性、そしてGHIT Fundの投資力やグローバルネットワークを結集し取り組んでいます。 当社は、医薬品の創出や開発途上国における医療アクセスを改善する取り組みを通じ、企業理念の実践に資する活動を継続していきます。

*1Neglected Tropical Diseasesの略

官×企業×市民

公益社団法人 グローバルヘルス技術振興基金「GHIT Fund」

【VOICE】グローバルヘルスで社内外に認められる結果を残したい

渡辺 剛史

第一三共株式会社
総務本部
サステナビリティ推進部
渡辺 剛史

2013年のGHIT Fund設立時から当社グループはグローバルヘルスにかかわる治療薬の探索プロジェクトに参画してきました。当社独自の化合物のスクリーニングから段階的に研究を進め、現在はマラリア、結核、NTDs(リーシュマニア症・シャーガス病)の治療薬の探索研究を実施しています。いずれも初期ステージの研究ですが、当社グループの創薬の知見を最大限に活かし患者さんを救うために、当社グループの研究チームと共同研究先が協力して精力的に研究を進めています。これらの活動の認知度はまだ低いですが、将来的に「第一三共は世界のさまざまなステークホルダーに対して真摯に関与し貢献している」と社内外の方々に認めていただけるような結果を残したいと強く思っています。

to Page Top