日米欧の20社以上の製薬企業が、世界銀行および国際対がん連合などと連携し、低所得国および低中所得国 の非感染性疾患(NCDs*)の予防や診断、治療等の改善に取り組むことを目的としたAccess Acceleratedに参画しています。

Access Acceleratedは、SDGsの目標3のターゲットの一つに掲げられている「2030年までにNCDsによる若年死亡率を予防や治療を通じて3分の1減少させ、精神保健および福祉を促進する。」ことの達成に向けて取り組みます。

Non-Communicable Diseasesの略。がん、循環器疾患、慢性呼吸器疾患、糖尿病などの非感染性疾患

本イニシアティブへの参画にあたり、当社CEO(参画当時)からのビデオメッセージをご覧ください。

2018年5月には、Access Accelerated の活動初年度をまとめたYear One Reportが発行されました。
2019年6月には、Year Two Reportが発行されました。
Year One ReportおよびYear Two Reportでは、これまでの中国における保健人材の育成の活動報告を掲載しています。
また、2019年からミャンマーにおいてAccess Acceleratedの新たな活動を開始しました。

Access Acceleratedの活動の詳細は、下記ウェブサイトをご覧ください。

to Page Top