進展型小細胞肺癌(ES-SCLC)患者を対象に一次治療の導入療法又は維持療法としてカルボプラチン併用下又は非併用下でイフィナタマブ デルクステカン(I-DXd)(B7-H3抗体薬物複合体)をアテゾリズマブと併用投与する多施設共同、非盲検、第Ib/II相試験(IDeate-Lung03)

掲載日: 2024年6月28日

 対象疾患

年齢

性別

実施状況

進展型
小細胞肺がん

 

18歳以上

 

男性/女性

 

募集前

 

 

  この治験に参加するには

治験の参加登録は、治験を実施している医療機関で治験に関する説明や検査を受けていただいたあとその医療機関にて行われます。この治験に参加を希望する場合は、現在治療を受けている医療機関の医師にご相談下さい。

開発フェーズ

第1/2相

主な参加の基準*

  • 一次治療が必要な進展型小細胞肺がん(ES-SCLC)の方
  • ES-SCLCに対して、カルボプラチン、エトポシド、アテゾリズマブによる4サイクルの一次治療の導入療法を受けており効果が持続している、またはES-SCLCに対する治療歴がない方
  • *これ以外にも多くの基準があります。

主な参加不可の基準*

  • orlotamab、enoblituzumabなどのB7-H3を標的とする薬剤による治療を受けた方
  • エキサテカン誘導体を構成成分とする抗体薬物複合体(ADC)(例: トラスツズマブ デルクステカン)による治療を受け、副作用により投与を中止した方
  • 免疫チェックポイント阻害剤による治療を受けた方(コホート1 パートAのアテゾリズマブは除く)
  • 6ヵ月以内に脳血管発作、一過性脳虚血発作などの動脈血栓塞栓性の疾患になった方
  • *これ以外にも多くの基準があります。

実施方法

この治験では、専門家による医学的判断の結果、参加の基準を満たす方に、治験薬(イフィナタマブ デルクステカン)と他の抗がん剤の併用投与をおこないます。どれが選択されるかはご自身でお選びいただけません。


  この治験を実施している医療機関

北海道・東北

関東

  • 公益財団法人がん研究会 有明病院

中部

近畿

  • 近畿大学病院

中国・四国

九州・沖縄

  • 岡山大学病院


臨床研究等提出・公開システム(jRCT)に公開した医療機関名を掲載しています。


  この治験の詳しい情報

この治験の詳しい情報は、臨床研究等提出・公開システム(jRCT)(https://jrct.niph.go.jp/)でご覧いただけます。


  問い合わせ

この治験に関するお問い合わせはこちらにご連絡ください。       

to Page Top