ページ内の移動用のリンクです

報道関係者各位

2020年7月10日

会社名 第一三共株式会社
代表者 代表取締役社長 眞鍋 淳 
(コード番号 4568 東証第1部)
問合せ先 コーポレートコミュニケーション部長 大沼 純一
TEL 03-6225-1126

AMR Action Fundへの参画に関するお知らせ

第一三共株式会社(本社:東京都中央区、以下「当社」)は、このたび、薬剤耐性(Antimicrobial resistance 、以下「AMR」)感染症治療薬の開発支援として、「AMR Action Fund」に参画し、総額2千万米ドルを拠出することを決定しましたので、お知らせいたします。

既存の抗菌薬が効かないAMRによる感染症は治療が困難であり、何も対策を講じなければ2050年には世界で年間1,000万人以上がAMRにより死亡すると推測されています。
 AMR Action Fundは、AMRに有効な新たな抗菌薬の開発促進を目的に設立され、2030年までに新規抗菌薬を2~4剤製品化することを目標として、複数の小規模なバイオテクノロジー企業に対し、総額10億米ドルの投資を行うとともに、様々な技術的支援を行います。

当社は、AMR Action Fundへの参画により、革新的な抗菌薬の開発を促進し、世界のAMR問題をいち早く解決できるよう貢献してまいります。

以上

AMR Action Fundについて
 AMR Action Fundは、WHO(世界保健機関)、EIB (欧州投資銀行)、ウェルカム・トラストと提携し、IFPMA(国際製薬団体連合会)とBCR(Biopharmaceutical CEO Roundtable:バイオ医薬品企業CEOラウンドテーブル)、世界の大手製薬企業などによりコンセプトが考案され、薬剤耐性菌に対処するために創設されたファンドです。
 ファンドの資金は、世界の大手製薬企業20社以上、慈善団体、開発銀行、国際機関等から拠出されます。
 https://www.amractionfund.com/

第一三共株式会社