ページ内の移動用のリンクです

各位

2014年12月12日

会社名 第一三共株式会社
代表者 代表取締役社長 中山 讓治
(コード番号 4568 東証第1部)
問合せ先 執行役員コーポレートコミュニケーション部長 石田 憲昭
TEL 報道関係者の皆様 03-6225-1126
株式市場関係者の皆様 03-6225-1125

第一三共エスファ株式会社におけるジェネリック医薬品新発売のお知らせ

第一三共株式会社(本社:東京都中央区)は、国内子会社でジェネリック医薬品事業を担う第一三共エスファ株式会社(本社:東京都中央区、以下「第一三共エスファ」)が、本日、以下のジェネリック医薬品3成分9品目を新発売しましたことをお知らせいたします。

 

1.製品概要

(1)製品名・薬効分類等

製品名

薬効分類

先発品名

レボフロキサシン錠250mg「DSEP」

広範囲経口抗菌製剤

クラビット®錠250mg、500mg、細粒10%

 

レボフロキサシン錠500mg「DSEP」

レボフロキサシン細粒10%「DSEP」

カンデサルタン錠2mg「DSEP」

持続性アンジオテンシンⅡ
受容体拮抗剤

ブロプレス®錠2、4、8、12

カンデサルタン錠4mg「DSEP」

カンデサルタン錠8mg「DSEP」

カンデサルタン錠12mg「DSEP」

オキサリプラチン点滴静注液50mg「DSEP」

抗悪性腫瘍剤

エルプラット®点滴静注液
50mg、100mg

オキサリプラチン点滴静注液100mg「DSEP」

 

(2)製品の特徴

今般、第一三共エスファが発売するレボフロキサシン錠250mg「DSEP」、同錠500mg「DSEP」、同細粒10%「DSEP」(以下、「レボフロキサシン製剤」)は、当社が製造販売している広範囲経口抗菌製剤「クラビット®錠250mg、500mg、細粒10%」(一般名:レボフロキサシン水和物、以下「クラビット」)と原薬・添加物・製造方法が同一のオーソライズドジェネリックです。

今後、第一三共エスファは、当社と連携して患者さんや医療関係者のニーズに応え、抗菌薬の適正使用を推進してまいります。一方、当社は、クラビットについて、これまで蓄積された使用成績に基づき、引き続き医療関係者の皆様へ有効性と安全性に関する情報提供活動に努めてまいります。

第一三共エスファは、これまで第一三共グループの品質管理基準に基づいた品質レベルを維持しつつ、世界で初めて錠剤へのレーザー両面印刷に取り組むなど、患者さんが飲みやすく、飲み間違いが起こらないような製剤や表示の工夫に力を入れる等の製品付加価値向上に取り組んでまいりました。今後、これらの取り組みに加え、オーソライズドジェネリックを製品ラインナップに加えることで、ジェネリック医薬品を希望する医療機関や患者さんに対し、より適切な薬剤の選択肢を提供できると考えています。

 

<錠剤・PTPシート写真>

【レボフロキサシン錠500mg「DSEP」】

                     

   【カンデサルタン錠8mg「DSEP」】

                    

【オキサリプラチン点滴静注液100mg「DSEP」】

                                 

 

2.第一三共エスファについて

第一三共エスファは、第一三共グループの企業理念(*)の中にある「多様な医療ニーズに応える医薬品を提供する」という基本的な考え方のもと、ますますニーズが高まりつつあるジェネリック医薬品等の製造販売を行う会社として、2010年4月に設立されました。医薬品に最も大切な「品質」「情報」「安定供給」、そしてジェネリック医薬品が持つ「経済性」の面からも、安心してご使用いただける製品の提供に努めて事業展開をしております。


<会社の概要>

会社名: 第一三共エスファ株式会社

設立: 2010年4月1日

事業内容: 医薬品製造販売

資 本 金: 4億5千万円

代表者: 代表取締役社長 義若 博人

本社: 東京都中央区日本橋本町三丁目5番1号

ウェブサイト: http://www.daiichisankyo-ep.co.jp/

 

* 第一三共グループの企業理念

革新的医薬品を継続的に創出し、多様な医療ニーズに応える医薬品を提供することで、世界中の人々の健康で豊かな生活に貢献する。

 

以  上

第一三共株式会社