ページ内の移動用のリンクです

各位

2014年3月25日

会社名 第一三共株式会社
代表者 代表取締役社長 中山 讓治
(コード番号 4568 東証第1部)
問合せ先 執行役員コーポレートコミュニケーション部長 石田 憲昭
TEL 報道関係者の皆様 03-6225-1126
株式市場関係者の皆様 03-6225-1125

2014年度 創薬共同研究公募(TaNeDS)の実施に関するお知らせ

第一三共株式会社(本社:東京都中央区、以下「当社」)は、オープンイノベーションの施策の一環として、2013年度に続き、日本国内の研究者を対象に、創薬共同研究の公募(TaNeDS:Take a New challenge for Drug diScovery/タネデス)を実施しますので、下記のとおりお知らせします。

 

1.経緯

当社は、第3期中期経営計画(2013~2017年度)における研究開発部門の目標として、「競争力のあるパイプライン、革新的医薬品の迅速かつ継続的な創出」を掲げ、実現のためにオープンイノベーションの活性化を進めております。そのひとつである創薬共同研究の公募(TaNeDS)は、2011年度の開始以来これまで全国から多数のご応募をいただき、採択した研究テーマについては、現在共同研究を展開しております。2014年度も更なる創薬研究の可能性を求め、日本国内の研究者を対象に創薬に繋がるシーズ・技術を広く募集いたします。また2013年度に引き続き、当社の100%子会社である第一三共RDノバーレ株式会社も、次世代の創薬基盤技術の育成を目的とし、本施策に参加いたします。

 

2. TaNeDSの特徴

(1)Multi-entrance(多彩な入口)

・応募対象の研究については、アイデア、萌芽研究、共同研究・初期探索、発明コンセプトの確立など、初期から実用化まで、多彩な研究ステージのテーマを募集しております。

・応募対象者については、多様な形態に対応すべく、研究者個人での応募はもちろん、複数の研究者による共同応募も可能です。

(2)Multi-exit(多彩な出口)

採用された研究成果を効率的に実用化に結び付けていくため、見出された成果のさらなる検証、医薬品創生に向けた共同研究、ビジネス視点での知財/技術の育成を目指したOiDEプロジェクト*の活用などの多彩な出口を準備しております。
 *三菱UFJキャピタルが運営するOiDE(Open innovation for the Development of Emerging technologies) 
  ファンドを活用したオープンイノベーション活動プロジェクト。

 

3.実施概要

(1)応募プラン

2013年度の募集タイプ毎の応募状況や採択結果および本プログラムへの第一三共RDノバーレ株式会社の参加を考慮し、2014年度は下記の2つの形式の応募プランを設定しました。

募集タイプ

研究期間

研究費(総額)

A.第一三共
募集

 

a.創薬標的検証タイプ

契約締結日~2016年3月31日

~1000万円

b.創薬標的探索タイプ

契約締結日~2年以内

~1000万円

c.創薬技術開発・検証タイプ

契約締結日~2016年3月31日

~1000万円

d.製薬技術タイプ

契約締結日から1~2年

~2000万円
(~1000万円/年)

B.第一三共RDノバーレ募集

創薬基盤技術育成タイプ

契約締結日~2016年3月31日

~500万円

 

 

 

 

 

 

 

 

#:研究期間に関しては、研究内容を勘案し設定可能

採択案件数の目安:A-18件、B-2件

 

A. 第一三共募集: 

【a.創薬標的検証タイプ】
   萌芽・探索研究にて見出された分子について、生体内機能の解明及び病態サンプルを用いた解析などの手法を用いて、新規創薬標的としての可能性を検証する研究テーマを募集します。

【b.創薬標的探索タイプ】

 ユニークな研究ツールや発想に基づく新規創薬標的の発見・同定を目指す研究テーマを募集します。

【c.創薬技術開発・検証タイプ】創薬研究の活性化・効率化をもたらす研究/技術テーマを募集します。

【d.製薬技術タイプ】

 医薬品製造のプロセス開発に関わる課題を解決する研究テーマを募集します。

 ご提案テーマ内容により弊社研究者と連携したフィージビリティ研究(予備的な共同研究)か、第一三共株式会社のインフラを活用した共同研究で実施すべきかを判断させていただきます。採択テーマは、これらの研究期間終了時の成果に基づき、研究継続の可能性を判断させていただきます。

 

B. 第一三共RDノバーレ募集: 

【創薬基盤技術育成タイプ】

 創薬に関わる革新的な技術プラットフォームの構築を可能とする研究テーマを募集します。学術的研究を、先端的な創薬基盤技術および生物評価方法の確立に結びつけることを目指し、第一三共RDノバーレ株式会社の研究者と連携したフィージビリティ研究を行って頂きます。

 

(2)募集研究テーマ

A. 第一三共募集

【a.創薬標的検証タイプ】

 ①がん領域

 ②循環代謝領域(代謝性疾患、および心臓・血管系疾患)

 ③がん、循環代謝以外の疾患領域

 ④ワクチン

【b.創薬標的探索タイプ】

 ⑤がん領域

 ⑥循環代謝領域(代謝性疾患、および心臓・血管系疾患)

 ⑦がん、循環代謝以外の疾患領域

 ⑧ワクチン

【c.創薬技術開発・検証タイプ】

 ⑨バイオロジックス

 ⑩病態モデル・生体イメージング

 ⑪測定技術

 ⑫安全性研究

 ⑬薬物動態研究

 ⑭病態・薬効予測につながるin silicoモデル

 ⑮ワクチン

【d.製薬技術タイプ】

 ⑯バイオ医薬品安定化技術

 ⑰スクリーニング系構築技術

 ⑱新規合成技術

 

B. 第一三共RDノバーレ募集

【創薬基盤技術育成タイプ】

 創薬研究に関わる基盤技術に関する研究

  

詳細については、当社ウェブサイト内TaNeDSページをご確認下さい。

TaNeDSページ:https://www.daiichisankyo.co.jp/corporate/rd/taneds/

 

(3)応募対象者

日本国内の研究者で、応募内容の研究を日本国内で遂行可能な方

 

(4)スケジュール

        募  集  期  間:  2014年5月19日~6月16日

        1次選考期間:   2014年6月17日~7月31日

        2次選考期間:   2014年8月1日~9月30日

   契  約  交  渉:   2014年10月1日~

   研  究  開  始:   契約締結日以降、順次開始

 

以  上

 

<ご参考> 第一三共RDノバーレ株式会社概要

 

会社名

第一三共RDノバーレ株式会社

資本金

50百万円

設立日

2006年10月3日

所在地

東京都江戸川区

代表取締役

春山 英幸(はるやま ひでゆき)

従業員数

約300人

 

 

主な事業内容

・医薬品の研究開発に必要な試験用検体及び中間体等の製造の受託。

・医薬品の定性分析及び定量分析に関する試験法開発及び試験の受託。

・創薬関連基盤技術を使用した創薬支援業務の受託。

・創薬関連技術の評価及び活用等に関するコンサルティング業務の受託。

・医薬品の臨床試験関連業務の受託。

第一三共株式会社