ページ内の移動用のリンクです

各位

2010年2月26日

会 社 名 第一三共株式会社
代 表 者 代表取締役社長 庄田 隆
(コード番号4568 東証・大証・名証各第1部)
問合せ先 コーポレートコミュニケーション部長 斎 寿明
(TEL:03-6225-1126)

「第一三共エスファ株式会社」設立について

第一三共株式会社(本社:東京都中央区、以下「第一三共」)は、国が普及を推進し、今後、患者さんや医療機関のニーズが一層高まることが予想される日本のジェネリック市場へ参入するため、2010年4月1日に「第一三共エスファ株式会社」(以下「第一三共エスファ」)を設立することとしましたので、以下にお知らせいたします。

 



1.新会社設立の目的・意義
 新会社「第一三共エスファ」は、ジェネリック医薬品や、市場で評価が確立されている第一三共の製品の一部を中心に、事業を展開してまいります。

 第一三共グループは、アンメットメディカルニーズをとらえた革新的な医薬品の創出を始め、一般用医薬品事業、ワクチン事業の更なる強化など、患者さんの様々な医療ニーズに応えるべく事業を展開しておりますが、ジェネリック医薬品を加えることにより、更に幅広い医薬品事業を展開してまいります。
 なお、第一三共グループは、2008年11月にランバクシー・ラボラトリーズ(本社:インド共和国デリー市、以下「ランバクシー」)をグループに加え、「先進国市場+新興国市場」「イノベーティブ+エスタブリッシュト」の双方を視野に入れた「複眼経営」の実現に向けて踏み出しています。
 第一三共エスファは、ランバクシーの事業ノウハウやコスト競争力、更には国内外の製薬会社とのネットワークを活かし、製品パイプラインの拡充と、継続的な製品の安定供給を実現していきます。
 また、今後のニーズがますます拡大していく抗体医薬等のバイオシミラーへの取り組みも、グループ全体で検討していきます。

 第一三共エスファは、第一三共グループの一員として、第一三共との強固な連携体制を構築することで、医薬品に最も大切な「品質」「情報」「安定供給」を実現し、患者さんに貢献してまいります。

 なお、本件の今後の業績に与える影響等につきましては、改めてお知らせいたします。

2.新会社の概要
商  号:  第一三共エスファ株式会社
英文表示: DAIICHI SANKYO ESPHA CO., LTD
事業内容: 医薬品製造販売
資 本 金:  4億5千万円
本  社:  東京都江戸川区北葛西1-16-13
取締役および監査役:
 代表取締役会長 髙田 龍三(現、第一三共株式会社 取締役専務執行役員)
 代表取締役社長 玉井 伸正(現、第一三共株式会社 執行役員 医薬営業本部 副本部長 兼 営業企画部長)
 取締役営業本部長 義若 博人(現、第一三共株式会社 学術政策部長)
 取締役 サンジーブ ダニ(現、ランバクシー・ラボラトリーズ Senior Vice President アジア、独立国家共同体(CIS)および アフリカ地域責任者)
 監査役 渡邊 亮一(現、第一三共株式会社 財務経理部長)

設 立 日: 2010年4月1日(予定)

以上

第一三共株式会社