第一三共の価値創造プロセスとESG経営

当社グループでは、ESG経営を「ESGの要素を経営戦略に反映させることで、財務的価値と非財務的価値の双方を高める、長期目線に立った経営」と定義し、実践しています。

社会からの多様な要請に応えるため、社内外の様々な経営資源を価値創造プロセスに投入し、「サイエンス&テクノロジー」を競争優位の最大の源泉として、各ステークホルダーや社会への価値を提供しています。この価値創造プロセスを循環させることで、企業と社会の持続的成長を両立させることができると考えています。

中長期的な企業価値へ影響を及ぼす重要度と、様々なステークホルダーを含む社会からの期待の両面から、8つの重要課題をマテリアリティとして特定し、事業に関わるマテリアリティと事業基盤に関わるマテリアリティに整理しています。



2030年ビジョン

ESG経営のもと、新たに「サステナブルな社会の発展に貢献する先進的グローバルヘルスケアカンパニー」となることを2030年ビジョンとして掲げました。

パーパス(存在意義)である「世界中の人々の健康で豊かな生活に貢献する」の実現に向けて、当社グループに期待される社会課題の解決(革新的医薬品の創出、SDGsへの取り組みなど)をめざし、われわれの強みである“サイエンス&テクノロジー”に基づき、イノベーティブなソリューション提供に挑戦し続けます。

2030年時点で達成したい具体的な企業像は、「がん領域での売上収益の規模がグローバルでトップ10」、「更なる成長の柱が収益源の一つ」 となっており、「各事業ユニットが新製品を軸とした収益構造」 に転換していること、さらに「事業を通じたサステナブルな社会の発展に貢献」 している姿です。

  •     ◆がん領域でグローバルTop10

  • ◆各事業ユニットが新製品を軸とした収益構造

  •     ◆更なる成長の柱が収益源の一つ

  • ◆事業を通じたサステナブルな社会の発展への貢献

第5期中期経営計画(2021年度~2025年度)と戦略の柱

第一三共は、ESG経営を実践しつつ、2025年ビジョン「がんに強みを持つ先進的グローバル創薬企業」を実現し、2030年ビジョン達成に向けた成長ステージに移行することを目指した計画として、第5期中期経営計画を策定し、4つの「戦略の柱」 を設定しました。

これら4つの「戦略の柱」の実行を支える基盤を強化するため、DX推進によるデータ駆動型経営を実現するとともに、先進デジタル技術による全社の変革を進めていきます。加えて、新たなグローバルマネジメント体制による迅速な意思決定を実現していきます。

※1   3ADC:当社独自の技術を用いた3つのADC(抗体薬物複合体)、エンハーツ、Dato-DXd、HER3-DXd を指す。
        ADCについては、「第一三共のがん事業」をご参照ください。

株主還元方針

第5期中計では、資本コストを考慮して、資本効率の向上と株主還元のさらなる充実を図ることで、株主価値の最大化を目指します。

年間普通配当1株当たり27円の維持に加え、利益成長に応じて増配、あるいは機動的に自己株式取得を実施することで、株主還元のさらなる充実を図っていきます。

評価指標(KPI)として、株主資本を基準とする株主資本配当率(DOE)※1を採用し、安定的な株主還元を行う方針とし、2025年度のDOEは株主資本コストを上回る8%以上を目標に掲げ、株主価値の最大化を目指します。

※1 株主資本配当率(DOE) = 配当総額 ÷ 株主資本(親会社の所有者に帰属する持分)

計数目標

2025年度の計数目標として、売上収益は、1兆6,000億円、うち、がん領域の売上収益は6,000億円以上を目指します。利益水準は、研究開発費控除前の営業利益※1率40%、ROEは16%以上を目指します。また、株主還元指標として株主資本配当率「DOE」を採用し、8%以上を目指します。

第4期中計期間中から、3ADCへの投資を加速してきましたが、第5期中計期間中に投資先行期を乗り越え、大幅な売上と利益の成長を実現し、2030年ビジョン実現に向けた新たなステージへの移行を目指します。

2025年度為替レートの前提:1USD=105円、1EUR=120円

※1  固定資産売却、事業再編、減損、訴訟等に関連する特殊要因を除く

(2021年4月5日現在)

to Page Top