第一三共の歴史

第一三共は、それぞれ100年の歴史をもつ三共と第一製薬が統合して生まれた会社です。両社は、海外で用いられている薬の輸入業ではなく、薬になる物質を新たに発見・開発し、医薬品として実用化する創薬型企業としてその歩みを始めました。
アドレナリンの抽出やオリザニンの発見(三共)、サルバルサンの国産化(第一製薬)に始まり、以来、日本の創薬をリードする多くの薬を生み出してきました。また、両社は1980年代から、グローバルでの事業展開・新製品の開発上市を行い、プラバスタチン、レボフロキサシン、オルメサルタンは、ブロックバスター※1となりました。
第一三共となった後も、日本発の新薬を世界に届けるべく、全社一丸となって革新的新薬の創出に向け研究開発を進めています。

※1 ブロックバスター:ピーク時売上が年1,000億円(もしくは10億ドル)を超える新薬

  • 1899

    三共商店を設立(塩原又策(左写真)、西村庄太郎、福井源次郎の共同出資による)消化酵素剤タカヂアスターゼを発売

  • 1902

    世界で初めて抽出に成功した副腎髄質ホルモン剤アドレナリン(製品名アドリナリン)を発売

  • 1910

    鈴木梅太郎博士(三共学術顧問)、米ぬかから世界初のビタミンB1(オリザニン)を発見し、ビタミン学説の基礎を確立

  • 1989

    世界的に画期的な高コレステロール血症治療剤プラバスタチン(製品名メバロチン)を発売

  • 2002

    グローバル製品の高血圧症治療剤オルメサルタン(製品名オルメテック、ベニカー)を発売(2004年に日本で発売)

  • 1915

    慶松勝左衛門、アーセミン商会を設立、当時、国民病の一つであった梅毒治療薬サルバルサン国産化

  • 1918

    第一製薬株式会社が発足、初代社長に柴田清之助が就任

  • 1981

    抗血小板剤チクロピジン(製品名パナルジン)を発売

  • 1985

    広範囲経口抗菌剤オフロキサシン(製品名タリビッド)を発売

  • 1993

    広範囲経口抗菌剤レボフロキサシン(製品名クラビット)を発売

2005

第一三共(三共と第一製薬との共同持株会社)を設立してスタート

2007

新生第一三共グループとしてスタート

  • プラバスタチン
    (製品名:メバロチン®
    高コレステロール血症の薬物治療に変革をもたらしたスタチンと呼ばれる種類の薬で、コレステロール合成に関わる酵素を阻害することで作用を示します。同酵素を阻害する物質を、三共が世界で初めて発見し、その物質を元に研究を重ね創製されました。
  • レボフロキサシン
    (製品名:クラビット®
    合成抗菌剤の傑作ともいえる薬で、その幅広い抗菌活性で、日本のみならず世界的に歴史に残る抗菌薬となりました。経口剤、注射剤、点眼剤と幅広い剤形で用いられています。
  • オルメサルタン
    (製品名:オルメテック®、Benicar®
    高血圧の治療に用いられる薬。血圧上昇物資がその受容体に結合することをブロックし血圧降下作用を示します。多くの先行品がある中、優れたプロファイルが評価され、ピーク時にはグローバルで3,000億円を超える売上収益を上げました。

第一三共の歴史を更に知りたい方はこちら

第一三共のグローバル展開

第一三共は、世界各地に拠点を有しグローバル展開を行っており、グループ全体で約1万6千人が働いています。そのうち、日本の従業員が半数以上を占めますが、北米、欧州、アジア、中南米でも多くの社員が働いています。
全世界のグループ会社は51社で、24カ国に拠点を展開しています。研究開発は、8カ国14拠点で行っており、製造は、6カ国13拠点で行っています。(2021年3月末時点)

地域別従業員数地図

第一三共の強み

サイエンス・テクノロジー

第一三共は、数多くの新薬の創出を通じで獲得した経験、知見、技術を蓄積してきました。これらは、将来にわたって革新的新薬を継続的に創出するための根幹とも言える「サイエンス&テクノロジー」の強みとなっています。

グローバル組織・人材

当社は、20年以上前からグローバル展開を加速するとともに、人材育成を進めてきました。昨今では、重点領域のがん領域の人材獲得も強化するなど、「グローバル組織&人材」も当社の強みの一つです。

日本でのプレゼンス

日本において当社は、医療現場からのMR評価No.1を8年連続※1でいただくと共に、4年連続医療用医薬品の売上シェアNo.1※2を達成しました。多様な医療ニーズに応える事業(新薬、ジェネリック、ワクチン、OTC医薬品)を展開するなど、「日本でのプレゼンス」も当社の強みです。

サイエンス・テクノロジー、グローバル組織・人材、日本でのプレゼンス

※1 株式会社インテージヘルスケアによる調査
※2 エンサイス株式会社による調査

(2020年9月現在) 

財務ハイライトと地域別・事業別売上

製薬会社は、一般的に他の製造業に比べると売上原価が低く、研究開発率が高い特徴があります。
当社の業績もその特徴を示しています。
2兆852億円の総資産に対し、自己資本比率は61%であり財務的に安定しています。

連結業績の概況(2018年度〜2020年度)

2018年度

2019年度

2020年度

売上収益

9,297億円

9,818億円

9,625億円

(100%)

売上原価

3,646億円

3,432億円

3,383億円

(35.1%)

販売費・一般管理費

2,777億円

3,023億円

3,331億円

(34.6%)

研究開発費

2,360億円

1,975億円

2,274億円

(23.6%)

営業利益

837億円

1,388億円

638億円

(6.6%)

当期利益(親会社帰属

934億円

1,291億円

760億円

(7.9%)

※1 売上収益に対する比率

財務状況(2020年度末

 純資産 総資産  自己資本比率 
 12,721  2852億円  61.0

地域別売上収益の構成比(2020年度)

2020年度の地域別売上収益の構成比をみると、日本が約6割を占めています。日本では、「新薬」に加え、「ワクチン」、「ジェネリック」、「OTC医薬品」の4事業を展開しておりますが、中心は新薬事業であり、日本の売上の約4分の3を占めています。

北米、欧州、その他の地域でもほとんどが新薬事業であり、新薬事業が収益の中心です。

主要製品

グローバル製品


 一般名
 (日本製品名)
 薬効  売上収益
 2018年度  2019年度 2020年度 
 トラスツズマブ デルクステカン※1
(エンハーツ)
 抗悪性腫瘍剤
(抗HER2抗体薬物複合体)
 1億円  140億円 435億円
 エドキサバン
(リクシアナ)
抗凝固剤  1,177億円 1,540億円  1,659億円
 オルメサルタン※2
(オルメテック)
 高血圧症治療剤 1,059億円 1,008億円 918億円
 プラスグレル※3
(エフィエント)
 抗血小板剤 232億円 181億円 173億円

※1 米国2020年1月、日本2020年5月、欧州2021年2月発売、アストラゼネカ社との戦略的提携に係る契約時一時金と開発マイルストン収入を含む
※2 配合剤の売上収益を含む ※3 米国は、共同販促収入

日本の主要製品


 製品名 薬効 売上収益(日本)
 2018年度 2019年度 2020年度
 ネキシウム  抗潰瘍剤 783億円 798億円 778億円
 リクシアナ  抗凝固剤 649億円 830億円 774億円
 プラリア  骨粗鬆症治療剤・関節リウマチに伴う
骨びらんの進行抑制剤
274億円  309億円 346億円
 メマリー  アルツハイマー型認知症治療剤  502億円 505億円 184億円
 テネリア  2型糖尿病治療剤  253億円 247億円 242億円
 ロキソニン 消炎鎮痛剤 305億円 283億円 242億円
 ランマーク  がん骨転移による骨病変治療剤  164億円 179億円 193億円
イナビル  抗インフルエンザウイルス剤 182億円 193億円 36億円
タリージェ  疼痛治療剤 80億円 206億円
 カナリア  2型糖尿病治療剤  92億円 128億円 154億円
 ビムパット  抗てんかん剤 66億円 112億円 145億円
 エフィエント 抗血小板剤 139億円 140億円 141億円
 レザルタス 高血圧症治療剤 155億円  146億円 131億円
 オルメテック 高血圧症治療剤 149億円 117億円 92億円
 エンハーツ  抗悪性腫瘍剤
(抗HER2抗体薬物複合体)
 ー 44億円

 

OTC医薬品関連製品

  • ロキソニンS

    解熱鎮痛薬/外用鎮痛消炎薬
    ロキソニンS

  • 総合かぜ薬
    ルル

  • 肝斑改善薬トランシーノ

    肝斑改善薬
    トランシーノ

  • ミノン

    スキンケア
    ミノン

  • オーラルケアクリーンデンタル

    オーラルケア
    クリーンデンタル

to Page Top