ページ内の移動用のリンクです

TaNeDS(タネデス)

採択・応募実績

TaNeDSは2011年からの7年間において、延べ152件を採択させて頂きました。

1) 各領域ごとの応募・採択状況

(募集年度) TaNeDS2017 TaNeDS2016     TaNeDS2015 TaNeDS2014
募集領域 一次 二次 採択 一次 二次 採択 募集領域 一次 二次 採択 一次 二次 採択
がん領域 56 4 3 134 8 5 がん領域 128 8 4 100 14 6
血管・腎・線維症 17 0 0 31 3 3 循環代謝領域 - - - 71 5 3
その他の領域 93 11 8 63 9 5
疼痛・感覚神経・中枢 36 1 0 14 2 2
希少・遺伝性疾患 31 1 1 32 4 3
バイオロジックス 32 4 3 38 2 2 バイオロジックス 26 4 1 45 3 3
細胞治療 17 2 2 22 1 1
安全性・薬物動態・測定技術・計算科学・創薬技術プラットフォーム・化学 68 10 7 39 5 4 安全性・薬物動態・測定技術 50 7 4 50 4 3
創薬技術プラットフォーム 10 1 1 7 1 1
製薬技術 3 2 2 8 1 1 製薬技術 12 3 2 3 1 1
化合物供与 27 6 5 - - - ワクチン 6 1 0 17 1 1
合計 287 30 23 318 26 21 合計 323 35 20 356 38 24
応募総数 167 - - 209 - - 応募総数 227 - - 234 - -
面談実施数   27     22   面談実施数   24     31  

2) 年齢別の応募・採択状況

  TaNeDS2017 TaNeDS2016 TaNeDS2015 TaNeDS2014
年齢層 応募割合 採択件数 応募割合 採択件数 応募割合 採択件数 応募割合 採択件数
30歳以下 1% 0 2% 0 1% 0 2% 0
31歳〜35歳 5% 0 5% 0 6% 2 6% 9
36歳〜40歳 15% 8 15% 3 14% 4 11% 0
41歳〜45歳 18% 6 20% 6 22% 5 22% 1
46歳〜50歳 23% 3 20% 5 22% 5 23% 4
51歳以上 38% 6 38% 7 35% 4 37% 10

40歳以下の若手研究者の採択も多くあります。

3) 大学の学部・大学院の領域ごとの応募・採択状況

  TaNeDS2017 TaNeDS2016 TaNeDS2015 TaNeDS2014
領域別 応募割合 採択件数 応募割合 採択件数 応募割合 採択件数 応募割合 採択件数
医学系 63% 14[1] 68% 11 63% 9 75% 15(1)
薬学系 15% 3(1) 14% 5 12% 5[1] 12% 5[1]
理工学系 20% 6(1) 12% 5(1) 22% 5(2) 12% 4(1)
バイオ・農水産系 2% 0 6% 0 3% 1 1% 0

()Vaccine,()CMC(製薬技術),[]DSRDN(創薬技術プラットフォーム)

医・薬学系のみならず、理工学系・農水産系からの採択もあります。