ページ内の移動用のリンクです

TaNeDS(タネデス)

応募タイプ

応募タイプ 研究費(消費税別) 研究期間(原則)
創薬技術および標的検証タイプ 原則1000万円迄(総額) 契約締結日〜2020年3月31日
(研究計画によっては、契約締結日より2年以内)
先進創薬タイプ 原則300万円迄(/年) 契約締結日〜1年間
(研究成果に応じて、1年同額の延長)
化合物供与タイプ 化合物供与のみ 契約締結日〜半年間

※研究費については、よくあるご質問もご参照ください。

※選考及び共同研究を、第一三共RDノバーレ株式会社が担当させて頂く場合がございます。

※採択テーマについては、弊社もしくは第一三共RDノバーレ株式会社と合意した研究計画に応じて、研究費を弊社もしくは第一三共RDノバーレ株式会社より提案させて頂きます。共同研究契約締結に至った採択テーマについては、弊社研究者もしくは第一三共RDノバーレ株式会社の研究者、研究者と連携した共同研究を実施させていただきます。

[創薬技術および標的検証タイプ]

創薬技術

創薬研究の効率化・活性化をもたらす研究/技術テーマもしくは、医薬品製造のプロセス開発に関わる課題を解決する研究テーマを募集します。

標的検証

萌芽・探索研究にて見出された分子について、生体内機能の解明および病態サンプルを用いた発現量解析などの手法を用いて、新規創薬標的としての妥当性を検証する研究テーマを募集します。

標的検証研究では、応募時点で標的分子が同定されていることを条件とさせて頂きます。
さらに研究計画に、以下の点を示す研究を含めて頂きたいと考えています。

  • ヒト(動物モデルではない)の病態に対する標的分子の(直接的な)関与を示すこと
  • 標的分子の作用メカニズムとヒトの病態形成に対する役割を明らかにすること

[先進創薬タイプ]

ユニークな研究ツールや発想・アプローチに基づく、新規創薬標的となりうる分子の同定を目指す研究テーマを募集します。創薬研究に対して相乗効果をもたらす、新たな医療創出を目指した研究を募集します 。

[化合物供与タイプ]

弊社が実用化を目指して磨いた化合物を基にDrug Repositioningライブラリーを構築しました。この化合物ライブラリーを用いて、当初の目的とは異なる新たな適応疾患での開発を目指す研究テーマを募集します。

Drug Repositioningライブラリーは、臨床試験を実施した化合物、あるいは臨床試験間近まで開発を進めた化合物で構成されたライブラリーで、約50個の化合物が含まれます。

応募の際には、以下の点にご注意ください。

  • 構築済みのin vitroアッセイ系が対象
  • 化合物のみの提供(原則、研究費は提供しない)
  • 当初の提供量は原則0.01ml(10mM)/well
  • 各化合物のMOAは採択時点では非開示
  • 採択後に、アッセイの結果が出た時点でMOAを開示