ページ内の移動用のリンクです

各位

2017年9月26日

会社名 第一三共株式会社
代表者 代表取締役社長 眞鍋 淳 
(コード番号 4568 東証第1部)
問合せ先 常務執行役員コーポレートコミュニケーション部長 石田 憲昭
TEL  報道関係者の皆様 03-6225-1126
株式市場関係者の皆様 03-6225-1125

海外における創薬共同研究公募(TaNeDS Global 2018)の実施に関するお知らせ

第一三共株式会社(本社:東京都中央区、以下「当社」)は、オープンイノベーションの施策の一環として、欧州およびアメリカ合衆国東海岸の大学、研究機関の研究者を対象に、創薬共同研究の公募(TaNeDS* Global 2018)を下記のとおり実施しますので、お知らせいたします。

*TaNeDS:Take a New challenge for Drug diScovery/タネデス

 

1. 経緯

当社はオープンイノベーションの施策のひとつとして、2011年度から日本国内アカデミアの研究者を対象に創薬共同研究公募(TaNeDS)を実施し、2013年度からは、更なる創薬研究の可能性を求め、海外においても創薬共同研究公募を実施してきました。

2018年は、これらの経験と成果を踏まえ、昨年までの欧州の対象国に加え、アメリカ合衆国東海岸も対象とし、「TaNeDS Global 2018」を展開します。本プログラムを通じて、当社はより一層、海外の研究者との協同の機会を広げていきます。

 

2. TaNeDS Global 2018の概要

(1)実施対象国・州

・   EU諸国全域、アイスランド、スイス、ノルウェー、イスラエル

・   アメリカ合衆国東海岸:コネチカット州、デラウェア州、ワシントンD.C.、フロリダ州、ジョージア州、メイン州、メリーランド州、マサチューセッツ州、ニューハンプシャー州、ニュージャージー州、ニューヨーク州、ノースカロライナ州、ペンシルべニア州、ロードアイランド州、サウスカロライナ州、バーモント州、バージニア州

 

(2)応募対象研究

新規の創薬標的や検証研究、および新規創薬に繋がる革新的な技術研究 

 

(3) 募集研究テーマ

①がん疾患

低分子医薬および生物製剤(抗体医薬等)の新規創薬標的研究など

②疼痛/感覚神経疾患

疼痛/感覚神経(眼、耳)疾患を対象とする新規創薬標的研究など

③心/血管/腎疾患

心・血管・腎を対象とする疾患の新規創薬標的研究など

④その他の内科系疾患

遺伝性希少疾患、腸内細菌叢が関連する疾患、脳梗塞、貧血等に対する新規創薬標的研究など

⑤細胞治療

新規の幹細胞研究、養子T細胞免疫療法に関する技術研究など

⑥革新的創薬技術および関連研究

核酸医薬、ペプチド医薬、遺伝子治療およびバイオマーカーに関する新規の研究技術など

核酸医薬およびタンパク医薬技術が適用可能な新規創薬標的研究

 

詳細については、当社ウェブサイト内TaNeDS Globalページをご確認下さい。

http://www.daiichisankyo.com/rd/taneds/index.html

 

(4)研究予算と研究期間

1件当たり最大年額7万5千ユーロ/ドル(+ 間接費)、もしくは15万ユーロ/ドル(+ 間接費)で、2年間の共同研究を予定します。 

 

(5)応募対象者

EU各国およびアイスランド、スイス、ノルウェー、イスラエル、アメリカ合衆国東海岸の大学、研究機関、新興企業などに籍を置く研究者で(国籍は問わず)、研究を当該国内で遂行可能な方。 

 

(6)選考方法

当社の研究者が研究ニーズとのマッチング、研究の独創性、将来性、医薬品創製につながる可能性などを基準に選考します。

 

(7)スケジュール

        募集期間         :  2018年1月10日~2018年2月19日

        一次選考期間    : 2018年2月下旬~3月中旬

        二次選考期間    : 2018年4月

        三次選考期間    : 2018年5月中旬

    採択通知      : 2018年6月中旬

        共同研究開始    : 2018年 8月以降

 

 

3. TaNeDS Europe 2017の選考結果について

選考結果は以下のとおり4件となり、契約締結後、共同研究を順次開始しています。

(1)応募件数          56件

(2)採択件数            4件

 

採択された4件は、疼痛(デンマーク)、希少疾患(スペイン)、腸内細菌叢(ドイツ)及び技術(フィンランド)をテーマとするものです。

 

以上

第一三共株式会社