ページ内の移動用のリンクです

各位

2017年9月15日

会社名 第一三共株式会社
代表者 代表取締役社長 眞鍋 淳 
(コード番号 4568 東証第1部)
問合せ先 常務執行役員コーポレートコミュニケーション部長 石田 憲昭
TEL  報道関係者の皆様 03-6225-1126
株式市場関係者の皆様 03-6225-1125

ESG投資指標「DJSI World」の構成銘柄に初めて選定

 第一三共株式会社(本社:東京都中央区、以下「当社」)は、世界の代表的なESG投資*1指標である「Dow Jones Sustainability Indices(DJSI)*2」の「World Index(DJSI World)」の医薬品セクターの構成銘柄に日本企業として初めて選定されましたのでお知らせいたします。

 「DJSI World」の医薬品セクターには、全世界の医薬品企業の内、唯一の日本企業である当社を含め8社が構成銘柄として選定されました。DJSI World全体では319社(内日本企業32社)が選定されました。なお、当社は、アジア・太平洋版「DJSI Asia Pacific」にも8年連続で選定されました。 

 本年は、気候戦略を含む環境側面全体が医薬品セクター内で最も高い評価を得ました。ガバナンスを含む経済側面では、行動規範、マテリアリティ*3、社会側面では、労働安全衛生、健康アウトカムへの寄与、および医薬品へのアクセス改善戦略が、セクター内で最も高い評価を得ました。 

 また当社は、DJSIと並ぶESG投資の代表的な指標であるFTSE4Good Index(9年連続)やモーニングスター社(日本)による「モーニングスター社会的責任投資株価指数」(10年連続)にも採用されています。 

 当社は今後も、企業理念である「革新的医薬品を継続的に創出し、多様な医療ニーズに応える医薬品を提供することで、世界中の人々の健康で豊かな生活に貢献する。」を実践し、社会的責任を果たし、持続的な企業価値向上を目指し、ステークホルダーの皆さまから信頼され存続を望まれる企業となるべく努力を続けてまいります。

以 上

 

*1 ESG投資:企業のEnvironmental(環境)、Social(社会)、Governance(ガバナンス)の取り組み状況を評価し、評価の高い銘柄を選別する投資手法

*2  Dow Jones Sustainability Indices (DJSI):米国のS&P Dow Jones Indices社と、スイスのRobecoSAM社が提供する環境・社会・ガバナンスの3つの側面から企業の持続可能性(Sustainability)を評価する指標であり、ESG情報などの非財務情報を重視する機関投資家の重要な投資選択基準の1つとなっています。

*3 マテリアリティ:企業のCSR活動で優先的に取り組むべき重要課題

 

DJSI構成銘柄採用認証ロゴ

第一三共株式会社