ページ内の移動用のリンクです

各位

2017年2月22日

会社名 第一三共株式会社
代表者 代表取締役社長 中山 讓治 
(コード番号 4568 東証第1部)
問合せ先 常務執行役員コーポレートコミュニケーション部長 石田 憲昭
TEL  報道関係者の皆様 03-6225-1126
株式市場関係者の皆様 03-6225-1125

イクボス企業同盟への加盟について

第一三共株式会社(本社:東京都中央区、以下「当社」)は、本日、特定非営利活動法人ファザーリング・ジャパン(代表理事:安藤哲也)の運営する「イクボス企業同盟」に加盟しましたので、お知らせいたします。

当社は、組織・人材開発の一環である“Diversity & Inclusion(以下、D&I)”を組織の競争力向上のための経営戦略の一つと位置づけ、多様な社員一人ひとりが持つ力を最大限発揮できるよう意識改革や環境づくりに取り組んでいます。

今回の「イクボス企業同盟」への加盟を機に、当社はD&Iの推進に向け、管理職のD&Iに対する意識の向上と行動変化を一層進め、部下の貢献意欲を高めることにより、2025年ビジョン実現・第4期中期経営計画達成に向け組織を強化してまいります。

 

【第一三共 イクボス宣言】

 第一三共は、革新的医薬品の創出に向けて、多様な人材の力を活かすことが必要と考えています。性別、働き方、考え方、ライフスタイルなど社員一人ひとりの個性を尊重しあい、活用していくD&Iを推進することで、組織の活力を高め、成果獲得につなげます。

そのためには、上司が常にD&Iマインドで部下に関わり、部下一人ひとりの「この上司やこの組織のために頑張ろう」という貢献意欲を高めることが重要です。

イクボス企業同盟への加盟を機に、“これからの時代に求められる上司像、イクボス”の考え方を社内に広め、イクボス文化の醸成に努めてまいります。

 

 

「イクボス」とは

「イクボス」とは、職場で共に働く部下・職場スタッフのワーク・ライフ・バランスを考え、その人のキャリアと人生を応援しながら、組織の業績も結果を出しつつ、自らも仕事と私生活を楽しむことができる上司(経営者・管理職)のことを指す。(出所:ファザーリング・ジャパン)

 

「イクボス企業同盟」とは

「イクボス」の必要性を認識し、積極的に自社の管理職の意識改革を行って、新しい時代の理想の上司(イクボス)を育てていこうとする企業のネットワーク。(出所:ファザーリング・ジャパン)

 

Diversity & Inclusion (D&I)とは

多様な人たちを受け入れ、その力を活かすこと。お互いに理解し尊重しあうことで持てる力を発揮し、新しいものを作り出していく、それが企業の持続的な成長につながるという考え方。

 

以上

第一三共株式会社