ページ内の移動用のリンクです

  • TOP
  • > 株主・投資家の皆さま
  • > IR情報開示方針

IR情報開示方針

開示の基本方針

当社は、株主、投資家等の皆さまに対し、金融商品取引法および東京証券取引所の定める適時開示規則に則り、透明性、公平性、継続性を基本とした情報開示を行います。当社の判断により、当社をご理解いただくために有効と思われる情報につきましても、タイムリーかつ積極的な情報開示に努めます。経営戦略や、すでに公表されている情報へのご質問、ご取材につきましては積極的にお受けいたします。なお、情報開示の公平性を確保するため、未公表の決算期の業績に関する情報や、業績以外に関する定量的情報のうち業績が容易に把握できる情報へのご質問、ご取材につきましては、回答、対応を差し控えさせていただきます。

開示の方法

適時開示規則に該当する情報は、東京証券取引所の適時開示情報システム(TDnet)等にて開示いたします。また、当社をご理解いただくために有効と思われる情報につきましては、適時開示情報に準じ、ニュースリリース等を通じた情報開示を行います。開示した情報は速やかに、当社ホームページに掲載いたします。

将来の見通しについて

当社が開示する経営戦略・計画、業績予想、将来の予測や方針に関する情報、研究開発に関する情報等につきましては、全て将来を見込んだ見解です。これらの情報は、開示時点で当社が入手している情報に基づく一定の前提・仮定及び将来の予測等を基礎に当社が判断したものであり、これらには様々なリスク及び不確実性が内在しております。従いまして、実際の当社の業績は、当社の見解や開示内容から大きくかい離する可能性があることをご留意願います。

第一三共株式会社