ページ内の移動用のリンクです

2017年9月8日号
「バリューレポート2017」日本語版をウェブサイトで公開しました

新規ご登録に際しましては、下記内容を必ずご確認くださいますようお願いいたします。ご確認後、同意いただきますと、登録フォームへ移動します。

○○ 様

九が重なる9月9日。九が重なるといえば、掛け算の九九。中国の春秋時代(紀元前770~紀元前403年)に生まれ、奈良時代以前に日本に伝わりました。万葉集にも「十六」と書いて「しし」と読ませる記述があり、平城京の役所の遺構からは、「一九如九」と書かれた木簡が見つかっています。江戸時代には、1杯16文の屋台のそば屋が「二八そば」と呼ばれるなど、庶民にも普及。現在も小学2年生の学習の大きなポイントとなっています。

さて、今号では、ニュースリリース ピックアップに加え、ウェブサイトで公開した「バリューレポート2017」日本語版についてお知らせします。

 

INDEX──────────────────────────────────

【01】:「バリューレポート2017」日本語版をウェブサイトで公開しました

【02】:ニュースリリース ピックアップ

【03】:第一三共からのお知らせ

【04】:皆様からの声

───────────────────────────2017年9月8日号─

 

------------------------------------------------------------------------

【01】:「バリューレポート2017」日本語版をウェブサイトで公開しました

------------------------------------------------------------------------

◆当社は、あらゆるステークホルダーの皆さまに向けた統合報告書を「バリューレポート」としてお届けしています。このたび、「バリューレポート2017」(日本語版)を当社ウェブサイトにて公開しました。

「バリューレポート2017」では、経営メッセージ、第一三共の強み、第4期中期経営計画の進捗など当社グループの持続的な企業価値向上を目指すさまざまな企業活動を紹介しています。

http://www.daiichisankyo.co.jp/ir/library/annual/index.html

 

------------------------------------------------------------------------

【02】:ニュースリリース ピックアップ

------------------------------------------------------------------------

 

◆8月28日(月)発表 --------------------------------------------

癌疼痛治療剤 オキシコドン錠「第一三共」新発売のお知らせ

http://www.daiichisankyo.co.jp/news/detail/006689.html

当社は、癌疼痛治療剤オキシコドン即放性製剤の後発医薬品であるオキシコドン錠2.5mg・錠5mg・錠10mg・錠20mg「第一三共」(製造販売承認取得日:2017年2月15日、薬価基準収載日:2017年6月16日)を新発売しました。

 

◆8月29日(火)発表 --------------------------------------------

DS-5010に関するBoston Pharma社とのライセンス契約締結(製品導出)について

http://www.daiichisankyo.co.jp/news/detail/006691.html

当社は、当社が保有するDS-5010に関しBoston Pharmaceuticals Inc.(米国マサチューセッツ州)とライセンス契約を締結しました。DS-5010は現在、前臨床段階にある選択的RETキナーゼ阻害剤です。RET遺伝子の変異は、非小細胞肺がん、大腸がん、甲状腺がんなどの発症に関係していると考えられています。

 

◆8月29日(火)発表 --------------------------------------------

ブリストル・マイヤーズ スクイブと第一三共 HER2発現乳がんと膀胱がん患者を対象としたオプジーボ(R)(ニボルマブ)と DS-8201の併用療法を評価する研究開発提携を発表

http://www.daiichisankyo.co.jp/news/detail/006692.html

ブリストル・マイヤーズ スクイブ社(本社:米国ニューヨーク州ニューヨーク)と当社は、免疫チェックポイント阻害薬であるオプジーボ(R)(一般名:ニボルマブ)と第一三共が開発中のDS-8201(HER2に対する抗体薬物複合体(ADC))の併用療法を評価するための臨床試験の共同実施に関する契約を締結しました。

本契約に基づき、欧米における第1相臨床試験を2017年度第4四半期(2018年1~3月)に両社共同で開始する予定です。

 

◆8月30日(水)発表 --------------------------------------------

DS-8201のHER2陽性の再発・転移性乳がんに対する 米国食品医薬品局(FDA)による「画期的治療薬」指定について

http://www.daiichisankyo.co.jp/news/detail/006697.html

当社が開発中のDS-8201(HER2に対する抗体薬物複合体(ADC))は、米国食品医薬品局より、HER2陽性の再発・転移性乳がん治療を対象とした「画期的治療薬(Breakthrough Therapy)」指定を受けました。

 

◆8月30日(水)発表 --------------------------------------------

DS-8201の乳がん第2相臨床試験開始について

http://www.daiichisankyo.co.jp/news/detail/006698.html

当社は、DS-8201(HER2に対する抗体薬物複合体(ADC))について、HER2陽性の再発・転移性乳がん患者を対象とした第2相臨床試験(試験名:DESTINY-Breast01)を開始しました。

 

◆8月31日(木)発表 --------------------------------------------

Charleston Laboratories社との制吐剤配合麻薬性鎮痛剤CL-108に関する米国における開発及び販売契約の解約及び無形資産の減損損失計上に関するお知らせ

http://www.daiichisankyo.co.jp/news/detail/006703.html

当社および当社の米国子会社であるDaiichi Sankyo Inc.(所在地:米国ニュージャージー州」)は、Charleston Laboratories Inc.(所在地:米国フロリダ州)と2014年8月に締結した米国における制吐剤配合麻薬性鎮痛剤CL-108(ヒドロコドン、アセトアミノフェンおよびプロメタジンの配合錠)に関する開発および販売契約を解約することを決定しました。

 

◆8月31日(木)発表 --------------------------------------------

ミロガバリンの疼痛患者を対象とした第3相臨床試験結果について

http://www.daiichisankyo.co.jp/news/detail/006705.html

当社は、α2δリガンド「ミロガバリン」の糖尿病性末梢神経障害性疼痛(DPNP)患者を対象とした第3相臨床試験(REDUCER試験)において、主要評価項目を達成しました。

本試験結果の詳細は、今後、学会にて公表する予定です。

 

◆9月1日(金)発表 --------------------------------------------

抗てんかん剤「ビムパット(R)錠 50mg・100mg」の 投薬期間制限解除のお知らせ

http://www.daiichisankyo.co.jp/news/detail/006709.html

ユーシービージャパンが製造し、当社が流通・販売を行う抗てんかん剤「ビムパット(R)錠 50mg・100mg」(一般名:ラコサミド)について、厚生労働省の告示に基づく「新医薬品に関わる14日間を限度とする投薬期間制限」が解除されました。

 

◆9月7日(木)発表 --------------------------------------------

DS-1211の第1相臨床試験開始について

http://www.daiichisankyo.co.jp/news/detail/006711.html

当社は、DS-1211(TNAP阻害剤)について、健常成人を対象とした第1相臨床試験を米国で開始しました。

DS-1211は、異所性石灰化に対する治療効果が期待されるファースト・イン・クラスの低分子化合物で、Sanford Burnham Prebys Medical Discovery Instituteとの共同研究により創出されました。

 

◆9月7日(木)発表 --------------------------------------------

国内初のDPP-4阻害剤とSGLT2阻害剤の配合剤 選択的DPP-4阻害剤「テネリア(R)錠」とSGLT2阻害剤「カナグル(R)錠」の配合剤 2型糖尿病治療剤「カナリア(R)配合錠」発売のお知らせ

http://www.daiichisankyo.co.jp/news/detail/006712.html

田辺三菱製薬と当社は、選択的DPP-4阻害剤「テネリア(R)錠」(一般名:テネリグリプチン臭化水素酸塩水和物)とSGLT2阻害剤「カナグル(R)錠」(一般名:カナグリフロジン水和物)の配合剤である2型糖尿病治療剤「カナリア(R)配合錠」(薬価基準収載日:8月30日)を新発売しました。

 

◆9月7日(木)発表 --------------------------------------------

2017年10月1日付 組織改定について

http://www.daiichisankyo.co.jp/news/detail/006716.html

メディカルアフェアーズ本部の組織改定について発表しました。

 

------------------------------------------------------------------------

【03】:第一三共からのお知らせ

------------------------------------------------------------------------

◆今後のIR関連スケジュール

・10月31日(火)2017年度 第2四半期(2017年4月1日~9月30日)決算発表(13時)

・同日 報道関係者、機関投資家・証券アナリストを対象とした経営説明会(16時45分)

 (ライブストリーミング配信、後日、オンデマンド配信を予定)

・12月13日(水)「R&D DAY」:報道関係者、証券アナリストや機関投資家を対象とした

         研究開発説明会(後日、オンデマンド配信を予定)

◆次回のIRメールマガジンは、9月22日(金)に発行予定です。

------------------------------------------------------------------------

【04】:皆様からの声

------------------------------------------------------------------------

皆様からのご意見・ご質問を、info@daiichisankyo.co.jp まで、お気軽にお寄せください。

 

───────────────────────────────────

第一三共株式会社 コーポレートコミュニケーション部 IRグループ

〒103-8426 東京都中央区日本橋本町3-5-1

ホームページはこちら⇒ http://www.daiichisankyo.co.jp

「第一三共IR公式Twitter」 はこちら⇒ https://twitter.com/DaiichiSankyoJP

お問合せ先: e-mail      info@daiichisankyo.co.jp

       株主・投資家様専用電話   03-6225-1125

───────────────────────────────────

Copyright(C)2017 DAIICHI SANKYO COMPANY, LIMITED. All Rights Reserved.

第一三共株式会社