ページ内の移動用のリンクです

TaNeDS(タネデス)

産学連携担当者の皆様へ

(こちらは産学連携担当、コーディネーターの方を対象にしています)

応募から共同研究までの流れ

応募から共同研究までの流れ

<説明会>

応募をご検討されている先生や研究者の方が聞きたいこと、懸念や心配されていること等がある場合に、TaNeDS事務局員が、
応募テーマ、応募方法、採択された場合の研究の進め方などについて直接ご説明させていただきます。

<事前相談>

「応募したいテーマが今回のTaNeDSの募集テーマに合っているか、企業はどのような考え方で共同研究を進めているのか」など、
個別に先生のご相談にご対応いたします。

  • ※あくまでも相談であり、採択を保障するものではございません。

<契約について>

TaNeDS研究開始に先んじて、先生方の所属機関と弊社(または弊社の関係会社)との間で(共同)研究契約を締結していただきます。TaNeDS研究の実施においては、先生方と弊社(または弊社の関係会社)との間で(共同)研究計画を策定します。

  • ※研究成果の公表について
    TaNeDS研究は実用化をめざす創薬プロジェクトですので、知的財産権の確保(特許の出願)を優先させていただきます。そのため、契約終了後一定期間(通常1年間)公表を行わず、実用化に向けた研究を更に進めることをお願いする場合がございます。また、学会への演題登録や論文の投稿の前に弊社へご連絡をいただき、発表内容やタイミングについて協議させていただきます。

TaNeDSでは、大学・公的機関における間接経費は原則10%以下とさせていただきます。

<記載内容>

応募書類に記載して頂く項目については、応募書類をご覧下さい。

  • 科研費などの公的グラントとは異なり、TaNeDSを初めとする企業との共同研究に関わるグラントは記載して頂きたい内容のスタンスが異なります。詳しくはTaNeDSにおける応募書類作成のポイントをご覧ください。