ページ内の移動用のリンクです

TaNeDS(タネデス)

これまでの採択・応募実績および採択後の流れ

TaNeDSは2011年からの6年間において、延べ129件を採択させて頂きました。

1) 各領域ごとの応募・採択状況

  TaNeDS2016     TaNeDS2015 TaNeDS2014 TaNeDS2013
募集領域 一次
件数
二次
件数
採択
件数
募集領域 一次
件数
二次
件数
採択
件数
一次
件数
二次
件数
採択
件数
一次
件数
二次
件数
採択
件数
がん領域 134 8 5 がん領域 128 8 4 100 14 6 71 9 5
血管・腎・線維症 31 3 3 循環代謝領域 - - - 71 5 3 75 2 2
その他の領域 93 11 8 63 9 5 101 9 6
疼痛・感覚神経 14 2 2
希少・遺伝性疾患 32 4 3
バイオロジックス 38 2 2 バイオロジックス 26 4 1 45 3 3 77 10 4
細胞治療 22 1 1
安全性・薬物動態・測定技術・計算科学・創薬技術プラットフォーム 40 5 4 安全性・薬物動態・測定技術 50 7 4 50 4 3 87 4 3
創薬技術プラットフォーム 10 1 1 7 1 1 8 3 3
製薬技術(CMC) 8 1 1 製薬技術(CMC) 12 3 2 3 1 1 - - -
ワクチン - - - ワクチン 6 1 0 17 1 1 - - -
合計 319 26 21 合計 323 35 20 356 38 24 419 37 23
応募総数 209 - - 応募総数 227 - - 234 - - 222 - -
面談実施数 - 22 - 面談実施数 - 24 - - 31 - - 30 -

2) 年齢別の応募・採択状況

  TaNeDS2016 TaNeDS2015 TaNeDS2014 TaNeDS2013
年齢層 応募割合 採択件数 応募割合 採択件数 応募割合 採択件数 応募割合 採択件数
30歳以下2%01%02%02%0
31歳〜35歳5%06%26%99%6
36歳〜40歳15%314%411%015%4
41歳〜45歳20%622%522%118%4
46歳〜50歳20%522%523%418%3
51歳以上38%735%437%1038%6

40歳以下の若手研究者の採択も多くあります。

3) 大学の学部・大学院の領域ごとの応募・採択状況

(あくまで概算) TaNeDS2016 TaNeDS2015 TaNeDS2014 TaNeDS2013
領域別 応募割合 採択件数 応募割合 採択件数 応募割合 採択件数 応募割合 採択件数
医学系68%1163%975%15(1)64%14[1]
薬学系14%512%5[1]12%5[1]16%4
理工学系12%5(1)22%5(2)12%4(1)17%5[2]
バイオ・農水産系6%03%11%03%0

()Vaccine,()CMC(製薬技術),[]DSRDN(創薬技術プラットフォーム)

医・薬学系のみならず、理工学系・農水産系からの採択もあります。

4)採択後の流れ 成功例

初年度採択案件においては、社内研究テーマや開発候補プロジェクトとしての提案に至ったものもございます。

[a.創薬標的検証タイプ(Target validation)]

TaNeDS研究開始から2年で、臨床試験候補化合物の選定が視野に入っています。
基礎研究を進めて頂きながら、新薬候補創出研究を弊社研究者と共同で行なっていただけます。

[b.創薬標的探索タイプ(Target discovery)]

TaNeDS研究開始から2年で、創薬標的分子を選定し、HTS開始の目処がつきました。
基礎研究を進めていただきながら、実用化研究を弊社研究者と共同で行っていただけます。

[c.創薬技術開発・検証タイプ(Technology discovery/validation)]

TaNeDS研究開始から1年余りで、新規医薬技術のコンセプトが検証されました。
弊社が提案した標的について、新規医薬技術の適用を目指した研究が進んでいます。

基礎研究を進めながら、弊社研究員と共同で、発明コンセプトの確立・検証をして頂けます。