ページ内の移動用のリンクです

  • TOP
  • > 会社概要
  • > CSR
  • > ESGインデックスへの組み入れ状況

ESGインデックスへの組み入れ状況

株式投資の検討基準として、財務状況や成長性に加え、その企業が社会的責任をどのように果たしているのかを検証・評価し、投資判断をするのがESGインデックスです。第一三共は、事業とCSR活動を不可分なものとして一体的に運営してきたことが評価を受け、以下のESGインデックスに選定されています。

米国のS&P Dow Jones Indices社とスイスのRobecoSAM社が、企業の持続可能性(Sustainability)を評価しているESG指標であり、投資家の重要な投資選択基準の一つとなっています。当社は、「DJSI World Index」に初めて、「DJSI Asia Pacific」に8年連続で選定されています。

医薬品セクター内で最も高い評価を得た項目

経済側面 行動規範
マテリアリティ※
環境側面 気候戦略
社会側面 労働安全衛生
健康アウトカムへの寄与
医薬品・製品へのアクセス改善戦略

※企業のCSR活動で優先的に取り組むべき重要課題

プレスリリース

FTSE4Goodのロゴ

ロンドン証券取引所の完全子会社でありグローバルインデックスプロバイダーであるFTSE Russellにより構築された、環境、社会、ガバナンス(ESG)の対応に優れた企業のパフォーマンスを反映するインデックスです。FTSE4Good指数シリーズは、ESGへの取り組みが総体的に良好な企業を特定したベンチマークとして投資家に利用されています。当社は、2009年以来FTSE4Good Global Indexの構成銘柄に9年連続で選定されています。

FTSE Blossom Japanのロゴ

ロンドン証券取引所の完全子会社でありグローバルインデックスプロバイダーであるFTSE Russellにより構築された、環境、社会、ガバナンス(ESG)の対応に優れた日本企業のパフオーマンスを反映するインデックスで、業種ニュートラルとなるよう設計されています。FTSE Blossom Japan Indexはサステナブル投資のファンドや他の金融商品の作成・評価に広く利用されており、年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)が新たにESG投資指数として選定しました。当社は第三者調査の結果、FTSE Blossom Japan Index組み入れの要件を満たし、本インデックスの構成銘柄として選定されています。

MS-SRIのロゴ

モーニングスター株式会社が日本国内の上場企業のうち、企業統治・環境・社会性・人材活用の観点から優れていると評価する150社を選定。当社は2008から10年連続で選定されています。

sjnk-amのロゴ

損保ジャパン日本興亜アセットマネジメント(SNAM)が運用する「SNAMサステナビリィ・インデックス」は、 ESG評価(環境、社会、ガバナンス)の高い企業に幅広く投資を行う年金基金・機関投資家向けのSRIファンドです。当社は「SNAMサステナビリィ・インデックス」の構成銘柄に2年連続で選定されています。

(2017年9月末現在)

ESGデータ

【CSR部長からのメッセージ】
~誠実な企業活動と開示情報の充実に向けて~

第一三共は、ESGの代表的指標である「DJSI World Index」「DJSI Asia Pacific」「FTSE4Good」「FTSE Blossom Japan」「MS-SRI」「SNAMサステナビリティ・インデックス」に選定されています。
企業理念を実践し、事業とCSR活動を不可分なものとして一体的に運営してきたことが評価されていると考えています。
また、急速に、グローバルでサステナビリティ、CSR/ESGへの取り組みやその情報開示に対する要請が高まってきていると認識しています。日本においても、ここ数年で、「日本版スチュワードシップ・コード」「コーポレートガバナンス・コード」の制定、「持続的成長への競争力とインセンティブ~企業と投資家の望ましい関係構築~」プロジェクトの最終報告書(伊藤レポート)が公表され、これまで以上に、誠実な企業活動と開示情報の充実、ステークホルダーの方々とのコミュニケーションの強化が要請され、その対応が求められています。
このような環境下において、当社は、本バリューレポートを株主・投資家の皆さま、医療関係者の皆さま、一般生活者の皆さま、当社グループの社員など、あらゆるステークホルダーの方々に、当社グループの企業価値、成長性ならびに事業継続性をご理解いただくためのコミュニケーションツールと位置付け、2013年より発行しています。本バリューレポートにおいて、事業活動とともに環境、社会、コーポレートガバナンスに関するESG情報についての開示情報を充実させ、ステークホルダーの方々とのコミュニケーションの強化に努めていきます。

第一三共株式会社