ページ内の移動用のリンクです

環境コミュニケーション

第一三共グループでは、社会要請を踏まえた環境情報の開示を行い、ステークホルダーとの環境コミュニケーションを積極的に行っています。
工場や研究所においては、環境に関わる事象が発生した場合の周辺環境への影響を考え、定期的に地域の方々との情報共有や意見交換、共同防災対策などの連携を図っています。

取り組み事例

ステークホルダーとの対話

環境コミュニケーションの一環として、パネルディスカッションやセミナーなどの機会を通じ、第一三共グループの環境経営の考え方や取り組みについて紹介しました。

・CDP・ブルームバーグ共催「Science Based Targets セミナー」にパネリストとして参加し、第一三共グループの環境経営と気候変動対策について紹介し、意見交換を行いました。

・環境省・CDP共催「SBT/WMB ワークショップ」の事例紹介において、第一三共グループの環境経営と気候変動対策について紹介しました。

・環境省・21世紀金融行動原則共催「FSB 気候変動関連財務情報開示の提言と日本企業に求められる対応」にパネリストとして参加し、第一三共グループの環境経営について紹介し、環境情報の開示についての意見交換を行いました。

環境担当者研修会

国内グループ会社の環境業務担当者を対象とした集合教育を毎年開催しています。2016年度は、環境マネジメントシステムの国際規格であるISO14001:2015およびマルチサイト認証(国内6工場)の取得に向けた対応をテーマに開催し、29名が参加しました。
また、ISO14001:2015の認証取得に必要となる内部監査員を養成するため、各工場において内部監査員研修会を開催し、約200名が受講しました。 本研修会の受講を通じ、各工場における環境マネジメントシステムの運用について理解を深めました。

ISO14001研修会の様子

ISO14001研修会の様子

内部監査員研修会の様子

内部監査員研修会の様子

温暖化対策研修会

工場・研究所の施設・エネルギー担当者を対象に省エネルギー・温暖化防止対策の情報共有を目的とした「温暖化対策研修会」を開催しています。省エネ施設の見学や、外部講師による「省エネ対策」を企画・開催し、各工場・研究所における省エネ対策の推進につなげています。

温暖化対策研修会の様子

温暖化対策研修会の様子

環境eラーニング

国内グループでは、全社員を対象に環境eラーニングを実施しています。2016年度は、「環境問題の基礎および気候変動」をテーマに実施しました。受講対象者9,336名に対し受講率は97.9%でした。また、新入社員などの前年度未受講者には、自主的なeラーニング(「環境問題の基礎および水に関するリスク」)を周知し、実施しました。
2016年度は、海外グループ会社においても環境eラーニングを実施し、約4,000名が受講しました。

「環境を感じる作品」コンテスト

社員の環境意識の向上を目的に環境コミュニケーション施策を実施しています。毎年6月の環境月間にあわせ、「環境を感じる作品」コンテストを開催し、国内外のグループ社員や家族を対象に作品を募集しています。
2016年度は画像部門で国内グループから333作品、海外グループから203作品、合計536作品と昨年度の524作品を上回る応募がありました。また、国内グループで実施した川柳部門では710作品、2016年度から始めた海外グループで実施したスローガン部門では34作品の応募がありました。最優秀賞・優秀賞を選出し、各地域およびグループ会社にて表彰式を行いました。

表彰式の様子

表彰式の様子

地球温暖化防止の意識向上

当社グループは、毎年12月~2月の3カ月間を「地球温暖化防止の意識向上推進期間」としています。「環境を感じる作品」コンテストの優秀作品を用いた「環境意識向上啓発ポスター」を作成し、国内外のグループ会社・事業所で掲示しています。

環境意識向上ポスター

環境意識向上啓発ポスター

第一三共グループCOOL CHOICE プログラム

社員一人ひとりの環境意識の向上に加え、職場のみならず家庭も含めた環境配慮活動の実践を推進するため、COOL CHOICE プログラムを実施しました。

ecoアクションプログラム

COOL CHOICE プログラム

環境社会貢献

米国における海岸清掃

米国ルイトポルドの社員とその家族42名が「国際海岸クリーンアップキャンペーン」に参加し、同社近郊の海岸にて清掃活動を行いました。2016年は約2マイル(約3.2km)の海岸線を歩きながら107 lb(約50Kg)のゴミを回収しました。2017年も引き続き、同キャンペーンに参加する予定です。

米国における海岸清掃
米国における海岸清掃

中国における植樹活動

第一三共中国では、植樹節(3月12日)に合わせ、環境保護のために植樹を行っています。2016年は20名の社員が参加し、上海工場近隣の張江開発園区において、植樹を行いました。これは2006年より毎年行い、今年で11年の継続した活動です。

中国における植樹活動
中国における植樹活動

環境関連の受賞(または環境関連の賞罰)

  • 第一三共株式会社
    平成28年度エネルギー管理優良事業者等
    関東経済産業局長表彰
  • 第一三共株式会社 品川研究開発センター
    品川区 環境保全活動顕彰 企業賞

受賞式の様子

  • 第一三共株式会社 葛西研究開発センター
    江戸川区 第46回 環境をよくする運動功労表彰

第一三共株式会社