ページ内の移動用のリンクです

気候変動・水リスクへの対応

第4期中期環境経営方針において「気候変動や水リスクなど、外部要因が事業活動におよぼす影響への対応を推進する」を掲げ、気候変動・水リスクの把握および対策を推進しています。

気候変動リスク

工場・研究所を対象に気候変動リスクに関する調査を実施し、事業に影響をおよぼすと考えられるリスクを把握し、分析・評価を行っています。
第一三共ヨーロッパGmbHは「My Mobility」プロジェクトを推進しています。専用のウェブサイト「Mobility Portal」を設置し、社用・私用の車両を電気自動車、公共交通機関、自転車の利用等、より環境負荷の少ない移動手段を提案し、環境配慮活動につなげています。そのことで気候変動対策にも寄与しています。
炭素税などを想定した内部的カーボンプライシング※1の導入について検討し、2017年度から設備投資の一部について、評価・検証を開始しています。

  • ※1 炭素税や排出量取引制度などを想定し、企業自らが自主的に設定する仮の炭素価格

気候変動リスク

気候変動リスク

水リスク

第一三共グループが事業を推進・継続するにあたり、十分な量の良質な淡水がすべての事業所およびバリューチェーンにおいて利用可能であることは、非常に重要であると考えています。
水に関するリスクとしては、物理的リスク、規制リスク、評判リスク等が考えられ、世界的に関心が高まっています。第一三共グループでは、工場・研究所を対象としたアンケート調査を実施し、事業に影響をおよぼすと考えられるリスクについて把握し、分析・評価を行っています。
具体的には、WWF-DEG Water Risk Filterを用いて、立地する地域固有の水リスクを分析した結果と、各工場・研究所からの水リスクに関する調査結果を基に、総合的にリスク評価を実施しています。
その結果、中国2工場、ブラジル1工場、インド1研究所が当社グループの中で最も水リスクが高い事業所であると評価し、取水制限等の規制強化を主なリスク要因として特定しています。これらの工場では、規制動向に注意すると共に、水使用量の更なる適正化に努めています。

水リスク

第一三共株式会社