ページ内の移動用のリンクです

環境保全

グローバル社会共通の課題である地球環境問題について、社会貢献活動においても積極的に取り組んでいます。

植樹

第一三共中国では、環境保護のための植樹を行っています。11年目となる2016年度は20名の社員が参加しました。

植樹後の記念撮影

植樹後の記念撮影

国際海岸クリーンアップに参加

米国のルイトポルドでは、2016年9月、米国のNGO団体「オーシャン・コンサーバンシー」が主催する国際海岸クリーンアップに参加しました。社員の家族を含む42名が参加し、海岸の清掃を行うだけでなく、拾ったゴミについてのデータ収集に協力しました。

海外の清掃後の記念撮影

海岸清掃後の記念撮影

海岸の清掃活動

香港第一三共では、2016年11月、15名の社員が香港クリーンアップキャンペーンに参加し、スタンレービーチの清掃活動を行いました。

9名の社員が海岸の清掃活動に参加

海岸清掃後の記念撮影

事業所周辺の清掃活動

日本では、6月の環境月間を中心に、各事業所において、事業所周辺の清掃を実施しています。

事業所周辺の清掃活動

事業所周辺の清掃活動の様子

モビリティコンセプトの導入

第一三共ヨーロッパでは、2016年度から、社員が、環境への負担が少なく、安全かつ安心な通勤手段を選択するモビリティコンセプトを導入しました。自転車や公共交通機関などを組み合わせるなど、社員自らが交通手段を選択することにより、環境にやさしく効率的な移動が可能になります。また、この取り組みは、旅行業界団体から贈られる「ビジネストラベル賞2015」を受賞しています。

事業所周辺の清掃活動

電動自転車による通勤の様子

【VOICE】環境にやさしい通勤手段の普及に貢献しています

Michael MüllerMichael Müller
Head of Mobility & Facilities
第一三共ヨーロッパGmbH

通勤手段を社員が柔軟に選択する機会を提供するこの取り組みは非常にうまくいっています。1年間で約60名の社員が新たに自転車による通勤を選択しています。このことは、社員の健康だけでなく、環境にやさしい通勤手段の普及におおいに貢献しています。

第一三共株式会社